ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

テレビ会議システムの比較(備忘録)

 テレビ会議システムの比較(備忘録)

skype・・・無料で多くの人が知っている。雑音が多め?△
sobacity・・・無料で音声もクリア、入室できない人や音声が入れない人がいる

webEX・・・有料、日臨工や浄化学会で使用している。スマホも可能。

ハングアウト・・・グーグルのサービス、招待が必要
LINE・・・・誰もが直感的に参加可能 申し分なし!!

www.ikedahayato.com/index.php/archives/23779

スポンサーサイト
  1. 2017/02/24(金) |
  2. 未分類
  3. | コメント:1

米国で働く臨床工学技士と視察団

 今日は、米国で働く臨床工学技士と視察団の状況をご紹介
一度は、参加してみたいものです・・・パスポート切れてますけど・・・


image031

AAMIの様子や英語での発表が垣間見れます
  1. 2017/02/22(水) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

メディカルジャパン 大盛況でした!

 メディカルジャパン 大盛況でした!
今年は、1140ブースの企業展示があり、3万人以上が来場される予定です。
日本で一番大きな医療系の展示会に成長しました!!一見の価値ありです♪

テープカットには、川崎会長と村中大阪府会長も登壇しました!

日本臨床工学技士会のブースは、12m × 6mと、最大クラスの専有面積です。
正規にお金を払うと、300万円以上はかかると思います。

いずれにせよ、臨床工学技士という職種のPRになったと思います

01e1de51069fc068152f824261299eee26d2b33e88.jpg

01bd8ef6a38a02ab7ba637892ef59a400b228c1d59.jpg

  1. 2017/02/20(月) |
  2. 未分類
  3. | コメント:1

術後の酸素投与のパターン

 術後の酸素投与のパターン

①、回復室:マスク→病棟:インスピロン
②、回復室:インスピロン→病棟:マスク
③、回復室:マスク→病棟:カニュラ
④、回復室:マスク→病棟:マスク


当院は、昔、統一されていなく①のパターンが多かったんですが、バラバラだったんですよね!
よく聞いてみると、主治医は加湿よりも高い酸素濃度が欲しかったんですね!?
インスピロンの設定は、5L50%でしたので、実質酸素濃度は35%程度でしょうか・・・・

今は、統一して、基本④のパターンです。余計なコストも削減でき、手間も減りました!


  1. 2017/02/14(火) |
  2. 未分類
  3. | コメント:1

メディカルジャパン in 日本臨床工学技士会

メディカルジャパン in 日本臨床工学技士会

臨床工学技士会のブースもかっこよく仕上がりそうです。
ぜひご来場ください!!

www.hospital-expo.jp/To-Visit/operatingroom/

SnapCrab_NoName_2017-2-8_9-29-17_No-00.jpg
  1. 2017/02/08(水) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

在宅酸素の患者宅で発生した火災

PMDAメディナビ より
━━━━━━━━━━━━━
医薬品・医療機器等安全性情報 発出のお知らせ (2017/02/07配信)
━━━━━━━━━━━━━

2017年2月7日「医薬品・医療機器等安全性情報」No.340
http://www.pmda.go.jp/files/000216151.pdf

在宅酸素の患者宅で発生した火災に関する注意喚起
平成15年から58件の死亡事故があります・・・・

SnapCrab_NoName_2017-2-8_7-50-10_No-00.jpg
  1. 2017/02/08(水) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

喉頭鏡がLEDになって

 喉頭鏡がLEDになってからは、トラブルがほとんどなくなりましたね!
暗いと言われることも無くなりましたし、電球交換もほぼありません・・・

ハロゲン ⇒ キセノン ⇒ LED  って流れで進化


RSs.jpg
昔、新生児のMLでどのような形状のブレードがよいか?議論したことがありましたが、
議論が細かくなりすぎて、重鎮の先生から、喉頭鏡は与えられた装置を

「武士が刀を鍛錬するかのように」 

使いこなすことが重要!と言われて、一同納得したことを思い出しました。

  1. 2017/02/06(月) |
  2. 未分類
  3. | コメント:1
次のページ