ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

マイクロ波に移行する?

ラジオ波焼灼は、クールチップを使っている施設が多いと思いますが、

米国では2年ほどまえから、凝固範囲を球形に近づけるThermosphere technologyという、マイクロ波に移行していくようである。ポテンシャルにはRFAに比べて利点がいくつ もり、当院も今度デモする予定です。

emprint-ablation-system-g.jpg


www.medtronic.com/covidien/products/ablation-systems/emprint-ablation-system

スポンサーサイト
  1. 2017/07/23(日) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

連盟新聞 夏号

 連盟新聞 夏号 が発行されました。

今回は、厚生労働部会への陳情や多くの国会議員へのアポイントに成功しております。
なかなか興味深い内容となっております。

ぜひご覧ください ~(^.^)/~~~

www.ce-renmei.gr.jp/tayori/20170720.pdf

  1. 2017/07/20(木) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

第5回 災害対策研修会のご案内

日本臨床工学技士会 第5回 災害対策研修会のご案内


受講申込み期間は、平成 29 年 7 月 15 日(土)~平成 29 年 7 月 27 日(木)と
短くなっていますので、参加ご希望の方は期間中にお申込みいただきますようお願い
いたします。

★詳細はこちら: 第5回災害対策研修会案内ページ ★

多くの皆様のご参加をお待ちしています!

  1. 2017/07/20(木) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

業務を3本柱として強調する

 今回の機能評価では、各部門の紹介を5分程度で分かりやすく説明することとなりました。
そこで、臨床工学技術課の業務を3本柱として強調することにしました!
いかがでしょう?分かりやすくなりました?

SnapCrab_NoName_2017-7-20_7-55-20_No-00.jpg

  1. 2017/07/20(木) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

臨床工学技術課の理念・目標を見直しました

 病院機能評価向けに、臨床工学技術課の理念・目標を見直しました

今までは、どうしても抽象的な目標で、ただあるだけ・・・・・って感じでしたが
全員で見直し、達成できる具体的目標まで盛り込みました。
いかがでしょう?

SnapCrab_NoName_2017-7-19_13-0-3_No-00.jpg


  1. 2017/07/19(水) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

JHATの隊員養成研修会

しばらく更新が少なくてすいません。

日本災害時透析医療協働支援チーム:JHATの隊員養成研修会の机上訓練担当者で係っきりでした・・・(汗

参加者は、およそ90名、隊員60名、隊員を目指す人30名って感じでしょうか?
内容は、参加者の皆さんがどういうことが必要か、気が付いてもらうことが中心です。
主な要点は

・災害支援って何かカッコイイなぁ...と思ってたら大間違い!?

・震度の情報から被害を想定し、災害モードに頭を切り替えること

・情報共有には、パソコンやスマホが必要不可欠

概ね、満足していただけた模様でほっとしています。
継続して、開催する予定ですので、よかったらどうぞ

日臨工の災害研修会も締切が迫っています。
申込期間 7/15~7/22

こちらは、手術室や病棟の災害対策を盛り込んでおります♪

  1. 2017/07/18(火) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

日本臨床工学技士法公布 30周年記念行事

 日本臨床工学技士法公布 30周年記念行事に参加してきました。
25人の臨床工学技士の創世記を作り上げ方々が、厚生労働大臣表彰を受けられました

聞いてきた設立前のお話を1つ紹介します。
当時、医療資格がないのに病院内で業務をしている24業種が法案検討となったようです。
1つは、技士装具士で、他は、透析、人工心肺、高気圧酸素などが上がっていました。
沢山の法案を制定する訳もいかず、悩んでいる所に、

「生命維持管理装置」というくくりで考えれば、1つの業務に集約できるということになったようです。
ということで、臨床工学技士は、幅広い資格となったようです。


01b563e489e1ce50a44cff1cf6a6f5aca221dedc23.jpg

  1. 2017/07/10(月) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad