FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

スロークエイク

9月1日は防災の日です。NHKスペシャルの特集メガクエイクⅢ 南海トラフ を見ました。

要約すると、
本州の南100km。ここに日本中の地震学者の注目が集まっている。強い音波を出して海底の様子を探る調査で日本の下に眠るプレートの形が分かって きた。巨大地震が想定される南海トラフ。不気味な振動が頻発している。高性能の地震計がこの振動を検知した。スロークエイクというもの。通常の地震とはことなり、小刻みな揺れが長く続く。

注目されたのは東日本大震災。直前にスロークエイクが発生していたことが分かった。

 通常の地震は陸側のプレートにひずみが生じて、それが一気に解放されるも の。スロークエイクはゆっくりじわじわと解放されるもの。大きな地震はむしろ起きにくくなる?と考えた。エネルギーを貯めないための動きではと。ところ が!東日本大震災の直前にスロークエイクが起きていたことがわかった。東北大学の伊藤よしひろさんが突き止めた。巨大地震の4カ月前に、東北沖に地震計を設置していた。地震後にデータ解析すると、、、巨大地震の1か月前からスロークエイクが発生し、直前まで続いていた。なぜ歪みを解放していたはずのス ロークエイクが?

実際に起きていたスロークエイクと震源は同じ断層にあって、40cmも動いていた。

陸側の下にしずむ海側のプレート。境目にはアスペリティとよばれる場所があり、それが震源地になる。長い間歪みをためる。一方、その周りにはまばら にしかくっついていないところがある。これがスロークエイク。限界まで歪みを貯めていたアスペリティがスロークエイクに引っ張られて爆発したのか?でばね をつかった模型で実験。あ、これわかりやすい。

ひろく密着したアスペリティとまばらな場所がじわじわと動くのがよくわかる。最終的にまばらな部分に歪みが溜まった部分が引っ張られる。

場面変わってまた小原さん。スロークエイクの後に巨大地震が起きたことにショックを受けた。10年分の南海トラフのデータを分析すると、パターンが あることがわかった。スロークエイクは三重県では半年ごとに発生。四国は3カ月に1回、一週間ほど続く。地域によってパターンがある。それを監視していけ ば巨大地震の予兆がつかめるんじゃないかと考えた。


  1. 2013/09/03(火) |
  2. 救急・災害
  3. | コメント:0

マットのまま避難できる!?

 皆さんの施設では、火災訓練などで患者さんの避難訓練をしたことが1度はあるはずです。私も訓練で、一人の模擬患者さんを5階の病棟から4名の職員で担架にて非常階段を使って1階まで搬送したことがありますが1人搬送するだけで疲れ果ててしまいました!特に、高齢者や重症患者が多い施設では、複数人の歩けない人の移送が課題になってきます。そう考えてみると現状の避難訓練の想定に無理があり、現実的でないことが分かります

パラマウントベッドから発売されている「エバーフィットRタイプ」のマットレスは、秀逸です。

 1、褥瘡予防マットとして使用可能(ソフト面)
 2、防水加工により洗濯不要
 3、避難が容易(下図:クリックで拡大)

当院では、10年間の洗濯代より買い換えた方が得だと分かりましたので買い換える話が出ています!
 
ima14703.jpg

  1. 2013/06/21(金) |
  2. 救急・災害
  3. | コメント:0

災害対応マニュアル

 皆さんの施設では、災害対応マニュアル必ずあるはずですが、見たことが無い!?って方も多いはず・・・・・それでもって見てみると全く使えないマニュアルも多いかと思われます。

もし、作るなら、
阪府医師会
. 大阪府 救急医療機関 災害対応標準マニュアルが秀逸です。親切に書き換えできるよう、ワード版もあります。皆様もぜひに~(^.^)/~~~

www.osaka.med.or.jp/member/mem_format.html#ks
  1. 2013/06/18(火) |
  2. 救急・災害
  3. | コメント:0

第1回災害対策研修会

 土曜日は、長男の最後の運動会でした。最後の徒競争で雨が降り始め、土砂降りに・・・・・・・えらい目に逢いました!
終わるとすぐに新幹線に乗って、日臨工の災害対策委員会の会議に参加です。

 日曜日は、第1回目の災害対策研修会があり、107名の参加をいただきました。中には、沖縄や九州から参加もあり、災害時に何か支援(ボランティア)をやりたい!って方々の熱意を感じました!釜石で教訓をいかした教育訓練を実施し、ほぼ全員が助かった小中学校の例もあるように、災害は、準備と意識で随分と変わってくるものと思っています
P1000340.jpg

 今回の主目的は、災害支援ボランティア(要請・支援)マニュアルの公表および説明でして、正式にボランティアに向けて手順がスタートした訳です。近くホームページにも公開されると思われます。次に、委員会が進めているのは、災害時に各都道府県技士会の主になる人を決め、その人を中心に災害対策に関するスキルアップを図っていくことと、災害時に先遣隊として、情報収集・発信・ボランティア支援を担う人材育成することとなります。

 研修の中で看護協会からの講義もあったのですが、流石にシステム作りが進んでいます。災害支援ナースとして、研修を受け、登録されている看護師が6182名もいるそうです。東日本での実績も延べ3770名とすばらしいものです。当会も見習っていきたいです。www.nurse.or.jp/nursing/practice/saigai/index.html

研修会は、継続して開催してまいりますので、皆様もぜひご参加ください♪
  1. 2013/06/17(月) |
  2. 救急・災害
  3. | コメント:0

連結アーム

パラマウントベッドより、災害時に使えそうな連結アームが発売されています。
もう少し汎用性があればさらに良いかと思います・・・
www.paramount.co.jp/product/detail/index/30/6481

 

同時に酸素ボンベホルダーも発売
www.paramount.co.jp/product/detail/index/30/6480


  1. 2013/06/14(金) |
  2. 救急・災害
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ