FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

DMATカーがすごい

 姫路医療センターのDMATカーがすごいことになっています!

SnapCrab_NoName_2015-4-28_8-25-59_No-00.jpg

パラボナアンテナにドローン、監視カメラが6面・・・・・・・・
完全に指令基地ですね!!?

スポンサーサイト



  1. 2015/04/28(火) |
  2. 救急・災害
  3. | コメント:1

経験に学ぶ透析医療の災害対策

 災害対策に関する書籍のご紹介です!

経験に学ぶ透析医療の災害対策 医薬ジャーナル社:3200円

29605.gif

・近年の様々な災害に直面した執筆陣が、それぞれの体験を語るとともに、その経験を踏まえ、大規模災害時における透析医療の問題点と、患者を守るための対応策を詳述


・透析維持に欠かせないライフライン(水・電気など)確保の課題や、減災のために有益な透析施設の設備対策などについては、「東日本大震災学術調査報告書」を基に具体的に紹介


  1. 2015/04/24(金) |
  2. 救急・災害
  3. | コメント:0

第4 回JIMTEF 災害医療研修

 立川の災害医療センターで開催された、第4 回JIMTEF 災害医療研修参加してきました。
流石に2週連続での東京は辛かったです!

index.jpg

・JIMTEFって何の団体か分からなかったのですが、公益法人で 医療機器の研修生として8名ほど実際亀田病院で研修生を受けたりしているようです。災害時に地域の健康福祉レベルの向上を目標にリハビリや鍼灸関係の職種がどのようにしたら災害時に支援が可能なのか?を一緒に考えましょう!という研修でした!
 http://www.jimtef.or.jp/

衛星携帯電話で安くて使えるのがある(iphoneに被せるだけ)MCA無線の代わりになるのでは?
 http://online-shop.mb.softbank.jp/ols/html/model/satellitephone/202th.html?oid=othss202TH#lp-contentsArea
SnapCrab_NoName_2014-11-17_11-57-14_No-00.jpg

  1. 2014/11/17(月) |
  2. 救急・災害
  3. | コメント:0

災害準備

 またもや、福知山が集中豪雨に見舞われた!
当院の救護班が出動することは無さそうですが、9月1日の防災の日に向けて準備も必要です!

少し前の訓練で、大阪日赤の装備を写真に撮ってきたのでご紹介します。

P1000190.jpg

まるで、テレビで見るような連結されたテント(左が初療室で右が手術室!?)

P1000188.jpg

発電機も超大型

P1000185.jpg

レントゲン撮影、専用車も登場!

  1. 2014/08/18(月) |
  2. 救急・災害
  3. | コメント:0

RRS:院内救急対応システム

 RRS:院内救急対応システムの設立に向けて勉強中です!
一番分かりやすい資料は、こちらです(必読です)
www.jstage.jst.go.jp/article/jjsca/33/3/33_333/_pdf

RRS院内救急対応システム-医療安全を変える新たなチーム医療
また、こちらの本には、詳しく書かれていますので、興味のある方はどうぞ・・・・・

当院でも使っている「コードブルーcode blue」ブルーの意味って何だろう?って思っていましたが、本の中に書いてありました!「blue =絶望的な、手におえない状態」という意味のようです。ちなみに「code=対応策」ですから、日本語訳すると、1人ではどうにもならないので、助けを呼ぶ緊急コール・・・・って感じでしょうか?


 呼吸療法士について、臨床工学技士であり、米国呼吸療法士でもある木下さんが書かれています。米国では、呼吸療法士は専門職種で、24時間体制で診療にあたっている。1000床規模なら80~100人、300床規模でも15~20人勤務しているのが一般的な模様!日本では、個人技でなくチームとして目標に向かっていくスタイルは受け入れやすく、RRSの導入もそう難しいものではないのかもしれない!

  1. 2013/12/11(水) |
  2. 救急・災害
  3. | コメント:0
次のページ