FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

中学生の職業体験が効く!?

  兵庫県臨床工学技士会の副会長でもあり、日臨工CE獲得委員会に所属している 西神戸医療センター加藤さんから

中学生の職業体験「トライやるウィーク」(兵庫県独自のシステム?)受け入れ
のお願いです。

ご承知の通り、現在、臨床工学技士養成校は定員に対し国家試験合格者数が約40%台と低調であり、臨床工学技士の需要に対する供給不足は常態化しています。このようななか、日本臨床工学技士会では臨床工学技士の認知度向上とそれに伴う臨床工学技士志望者の拡大を目的にCE志望者拡大プロジェクト委員会を設置しました。現在、第3期を迎え、臨床工学技士のキャリア教育推進がなど目標に活動しています。当会でもこれに呼応すべく、厚生委員会を中心に、臨床工学技士のキャリア教育を推進してゆく予定です。具体的には小学生以下の子供に向け、臨床工学技士の体験学習を夏休みに開催し、臨床工学技士の認知度を高めます。中学生には春及び秋に開催されている職業体験(兵庫県ではトライやるウィーク)の受け入れとその推進をはかります。そして、高校生には臨床工学技士の情報提供としてポスター配布を行います(昨年度は神戸市内の公立高校3年生全員に配布しました)。

現在、上記の中学生向にけた「トライやるウィーク」受け入れ施設の確保が十分ではありません。これを確保するためご協力をお願いいたします。お願いに先駆け、当院ではストケースとして、中学生の職業体験「トライやるウィーク」を3年間、のべ626名の生徒を受け入れましたので、これについて報告させて頂きます。

中学生を受け入れてくれる事業所が少ない事などから、臨床工学技士の職業体験の申し出は大歓迎のとのことでした。「トライやるウィーク」の期間は5611月に集中しており、臨床実習と重複する期間であるため調整が必要です。当院では臨床工学技士のみの業務を体験するコースを設け、5日間の日程で開催しております。
 1日目:病院見学・心肺蘇生体験、
 2日目:医療機器管理業務体験、
 3日目:呼吸療法業務体験、
 4日目:OPEICU業務体験、
 5日目:血液浄化業務体験    を行っています。
 
 この5つの業務について講義、見学、体験という構成で開催しています。当日は臨床工学技士1名が9001500まで専任で「トライやるウィーク」を担当しました。服装は、中学生用に白衣を病院で準備し貸与しております。体験終了時には機器や機材を交えて記念写真を撮影し、最終日にはA4サイズの写真を印刷し修了書と共に室長から授与しています。また、受け入れた中学生を評価するために「トライやるウィーク」前後でアンケートを行おこなっています。これによると職業体験に臨床工学技士を選んだ1番の理由は「医療関係の仕事をしたい」でした。「トライやるウィーク」についての感想は良好で満足度の高い結果となっています。また、仕事を選ぶ基準に変化があったと答えた生徒は64%であり、全体の55%の生徒が臨床工学技士になりたいと意思表示しています。これらより、臨床工学技士を目指す生徒は少ないが、職業体験などにより臨床工学技士志望者拡大の可能性が伺えました。やはり、臨床工学技士は良い職業であると再認識すると同時に、認知度の向上が必須であると強く感じました。


 臨床工学技士をより多くの子供たちに知ってもらう事は、臨床工学技士数の拡大につながるだけでなく、質の向上などにもつながります。ここで、会員の皆様にお願いです、「トライやるウィーク」を受け入れて頂けないでしょうか。もし受け入れが可能でしたら、下記までご連絡ください(医療機関の種類は問いません)。教育委員会を通して近隣の中学校に広報させて頂きます。また、他の職種と交代で1日の開催でも構いませんので、ご検討よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
  1. 2014/06/03(火) |
  2. 人材育成
  3. | コメント:0

新人のうちは「とにかく何でもやる」

“仕事を選ぶ新人は、絶対成功しない”
「やりたくない仕事」が持つ大きな意味


diamond.jp/articles/-/53664

新人のうちは「とにかく何でもやる」という意識が大切
です。

 経験や実績がないうちから「これはやるけど、これはやりたくありません」「この仕事に社会的な意味はあるのでしょうか」などと言ってしまうと、上司には嫌われ、会社からも見放されてしまいます。

新人のうちから「何でもやる」というスタンスを持っていれば、必ず人生の幅は広がっていきます

上司が理不尽なことを言って、自分としては納得できないケースも当然あります。

 しかし、何の経験もない新人が「それは理不尽です」「そのやり方は間違ってます」なんて言っても、聞いてもらえるはずがありません。「正しい」とか「間違っている」という以前に、残念ながら、新人にはそんな発言権がないのです。

 だからこそ、まずは上司の言うことを聞き、上司を喜ばせるしかない。すべてはここからスタートです。

確かに、部下に喜ばせてほしいですね~~ってのが本音です・・・・・・



  1. 2014/05/28(水) |
  2. 人材育成
  3. | コメント:0

顔の見える関係について

 今日は、新年度のスタートということで、私の同級生でもあり、親友でもある兵庫県臨床工学技士会の会長さんから頂いたありがたいお言葉を皆さんにもご紹介します。

テーマ:顔の見える関係について」

会長をさせていただくことで、関連団体の会長はじめ執行部の皆様とお話しする機会が増えてきました。祝賀会や懇親会の席も多く、最近では少し気楽に話せるようになり、他の団体の方がどのように会活動についてお考えなのか聞けるようになってきました。話の中で会活動について口を揃えて言われる言葉が3つあります。

 

「職能団体」

「兵庫県民の健康を守る」

「社会貢献」            です。

 

他団体と比較して会としての歴史も浅く経験が少ない当会にとって、これまでの知識や技術の向上を目指すことで精一杯の所がありますが、兵庫県臨床工学技士会が職能団体である以上、避けて通る訳にはいかないなと痛感しております。

その具体的な取り組みですが、究極の目標は、兵庫県の医療政策に関わっていくことだと私は思います。保健所の監査で医療機器管理部門は事務部門の方が担当されますが、監査を受けながらこれは臨床工学技士がしなければいけないのではないかと強く思います。また、医療機器関連の政策において医療機器の専門家である臨床工学技士が関与すればもっと県民の皆様のお役に立てるのではないかと思います。ですから県や自治体に対してもっと臨床工学技士を売り込む必要があると思います。その為の中目標は県民の皆様に認められるような奉仕活動や、臨床工学フェアーのような臨床工学技士を知っていただく事かと思います。目標は見えていてもそこまでの道のりは険しいものであることは間違いありません。

しかし、踏み出す第1歩として、私はまず会員の皆様の把握や連携から始めたいと思います。理事や委員の方は本当に奉仕の精神で、技士会活動を支えてくださり、現在の事業を遂行するだけで目一杯の状態です。私は、職能団体の趣旨に賛同して会員になられたからには、会員として会のために何かしていただく義務があるのではないかと思います。ですから職能的な活動をする際には、会員の皆様にもっと関わっていただこうと思います。しかし見ず知らずの人ばかりだと、参加しても面白くないし行きたくないのは当たり前です。普段から定期的に顔を合わせ、仲よくなっておけば会った際に色々情報収集できたり、何か相談したりできますから、参加しやすくなるのではないかと思うのです。これは普段だけではなく、有事の際にも役立ちます。震災があって透析室が使えなくなった際、技士同士の連携でうちは大丈夫やから夜透析する?みたいなやりとりや、理事のいない地域で一時的な取りまとめをお願いしたり、技士会との連携役をお願いできれば、職能団体としての責務を全うできるものと信じております。

顔の見える関係の取り組みは、試験的に兵庫県の西側から始めていく予定にしております。皆様に私の顔を覚えていただきたいですし、皆様と忌憚のない意見交換ができればと思います。勉強会でなくても飲み会だけでもいいので、私がお邪魔した際には、面倒臭がらずにお集まりいただければと思います。技士会は会員の為に、会員は技士会の為にできることを行えば、他団体に負けない素晴らしい技士会になると思います。みんなで力を合わせて良い会にしましょう。これからも宜しくお願い致します。


  1. 2014/04/01(火) |
  2. 人材育成
  3. | コメント:0

信頼関係こそ大事!

院内で医療安全講演会」がありました
講師は 安城厚生病院の 安藤 哲朗
先生で, テーマは医療紛争はなぜ起こるのか?で大変分かりやすく説明していただきました。大変良い講師です。皆さんの施設でもどうぞ!

 医療は不確実なものであり、適切な医療をしていても「悪い結果」になることがあるので、日常から常に信頼関係を維持するように努力する必要があります。

 ほとんどの人は、医師に対して、不満や不信感を持っていたとしても言葉に出して言いません。もし、「悪い結果」となった場合、一気に不満が爆発します。そこで「売り言葉に、買い言葉」の対応をしてしまうと、医療紛争に一気に発展してしまいます。同じ事例でも、対応する医師によりその後の進展が大きく変わります。

 医者の考え(ナラティブ)と患者の考えは、基本的に異なります。よい医療者は、患者の話を傾聴し、共感を表明して情報を開示することが重要であり、ナラティブをすり合わせる努力が必要です。


 私も人の話を聞かないタイプなので、よい勉強になりました。自分を客観的に見る能力(メタ認識)を高め、止水明鏡の心境で人と対峙するように心がけたいと思います・・・・・しばらくは努力します!?

  1. 2013/06/24(月) |
  2. 人材育成
  3. | コメント:0

ME室の将来像は?

 先日、上司の先生に将来的にME室をどのようにしていけばよいの?

って聞かれて、ハッっとしました。これまでは、人が増えたら増えたなりにややこしくなるし、急性期になって呼び出しばかりもしんどいし、件数的にも中途半端で定型業務が少ないし、業務拡張するといっても他病院を見ていると微妙な業務をしているし・・・・って感じでネガティブ思考でしたが、20年後、つまり次世代にバトンタッチするまでに臨床工学技士部門がどのようになるのがよいのか?ってのを数日間、考えていました。

 10年以内の方向性としては、まず、心臓外科が設立されることが一番大きな要因ですが、折角できる訳ですから、5~10年で開心術100件くらいまでは目指したい所ですし、そうなれば当直体制ってことも必要になってくるかと思われます。当直しようと思えば、10名以上(当番10名+心臓グループ?3名)で当番を回したいですし、現在6名ですから、10~13名になるには、新しい業務開拓も必要です。

 てっとり早くというか、いずれは慢性透析設備も必要になってくるでしょうし、3~4年後には増築計画もあるので、それなりの透析室にするには、2~3床でも近いうちに常設の透析室を始めておく必要を感じます。いきなり透析室ってのは、当院の風潮からして、ハードルが高いような気がしますので、特殊治療室=病棟の処置室で行っている、白血球除去療法・ラジオ波や肝臓・腎臓生検、造血幹細胞採取などを行える部屋を作るのがよいような気がします。

まあ、いずれにせよ、人員増加を求めていかなければなりません!誰かポンプを回せる人が来てくれないかな~?

  1. 2013/04/26(金) |
  2. 人材育成
  3. | コメント:1
次のページ

FC2Ad