FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

日臨工学会の展示より

日臨工学会の展示より、気になったアイテムをピックアップ

まずは、フルークの輸液ポンプチェッカ 1ch 定価70万円くらいの模様
P1000062.jpg


次にニプロの輸液ポンプ
P1000066.jpg   P1000065.jpg
クレンメを利用して、アンチフリーフローを実現!うん、新発想!

最後にアトムの酸素マスク、ネブライザが取付可能で接続部が回転します!
あと、オキスマスクのゾロ品もありましたね。
P1000067.jpg

スポンサーサイト



  1. 2014/05/13(火) |
  2. 学会・勉強会
  3. | コメント:0

近畿臨床工学会が奈良で開催

11月23、24日に第20回近畿臨床工学会が奈良で開催されます。
私も1日目にワークショップで座長を務めます。ぜひに~(^.^)/~~~
narakinrinkou.kenkyuukai.jp/about/index.asp




抜粋して、プログラムを見てみると・・・・・内容的に全国学会レベル!スゴイ!やりすぎでしょう(羨

「臨床工学技士 金の卵獲得に向けて」
   井福 武志  先生 (雪の聖母会聖マリア病院、日本臨床工学技士会)

「日本臨床工学技士連盟の創設について」
  肥田 泰幸 先生 (日本臨床工学技士連盟)

【血液浄化技術セミナー】 

教えて!バスキュラーアクセス!~VAの基礎から管理まで~

【内視鏡外科セミナー】 

~現場からの声!Dr&CE そしてメーカーから~

「内視鏡外科手術の保守管理・術中サポートを行う臨床工学技士の立場から」
   関川 智重 先生 (四谷メディカルキューブ)

「人工呼吸の基礎から応用まで ~あなたはどこまで知ってる?」


「人工呼吸管理のノウハウ」
   野口 裕幸 先生 (東京工科大学)

「人工呼吸療法の限界と新たなる治療法~体外式肺補助~」
   市場 晋吾 先生 (岡山大学医歯薬学総合研究科)

 【医療機器安全セミナー】
 11月10日 (日)  14:00~16:00 (第 2 会場:アイシアター)
医療機器管理についてのギモンを考えよう!

「医療の質・安全管理体制の再構築」
   北野 達也 先生 (星城大学)

【集中治療・周術期WS】 11月 9日(土) 16:00~18:00 (第 1 会場:ホール)
手術室/集中治療室業務の現状とビジョン~業務指針どう解釈して進めて行けばええん?~

「集中治療室業務の現状とビジョン~業務指針どう解釈し進めて行けばええん?~」
   木村 政義 先生 (兵庫医科大学病院、日本臨床工学技士会)
「手術室実務の現状とビジョン~業務指針等の解釈~」
   萱島 道徳 先生 (奈良県立医科大学附属病院、日本臨床工学技士会)

 【男女共同参画WS】 11月 9日(土) 14:00~16:00 (第 2 会場:アイシアター)
ワークライフバランスを考える~仕事と家庭の両立を目指して~

「仕事と家庭の両立を目指して」
   熊切 こず恵 先生 (日本臨床工学技士会)

 これからの技士会を支えるのは?・・・Y(わい)でしょ!!

【CE業務体験コーナー】 11月10日(日)  9:00~16:00 (芸文館ホール前)
「本気で病院ごっこしよう!」

【防災体験企画】 11月10日(日)  9:00~12:00 (倉敷市芸文館屋外)
起震車体験

 【特別講演】
 11月10日(日) 13:50~14:50 (第 1 会場:ホール)
「現代医療をささえる医用工学」
   梶谷 文彦 先生 (川崎医療福祉大学)



  1. 2013/10/28(月) |
  2. 学会・勉強会
  3. | コメント:1

Clinical Engineer Plus+

 臨床工学技士が主催するフェイスブックのページ「Clinical Engineer Plus+」より
www.facebook.com/ClinicalEngineer.Plus

プレゼンの重要性や技術を、Apple社で講演するイベントが開催されます。

日程:2013年11月9日(土)18:00-19:30
場所:Apple Store 心斎橋店
http://www.medi-pro.org/specialevent/

対象:主に医療従事者
定員:25名
参加費:無料
参加方法:当日直接お越しください(事前申し込み不要)


兵庫県臨床工学技士会 第36回定期学習会
テーマ:院内における医療機器安全研修について考える
日時:2013年11月17日(日) 10:30~16:00(受付開始 10:00)
場所:宮野医療器 大倉山別館
http://hce.umin.jp/seminar.html


写真: Clinical Engineer Plus+から情報を発信しよう…<br /><br />病院・クリニックには、医師・看護師だけでは医療の発展に対応していくことは困難な時代になりました。<br /><br />・MRI・CTの進化には…放射線技師<br />・リハビリの進化には…理学療法士・作業療法士<br />・エコー・様々な検査器具の進化には…臨床検査技師<br />・生活習慣病などの増加…栄養師<br /><br />他にも多くの医療従事者の活躍により、医療の進化はどんどん加速しています。その進化に馴染むように、全国のClinical Engineerも基礎知識をしっかりと固めながらアイデアを振り絞り、様々な分野で技術を高めて活躍しています。<br /><br />今回は、兵庫県臨床工学技士会に所属するClinical Engineerの一報から、医療機器の安全使用研修についての投稿です。全国各地での臨床工学技士会では、医療機器安全管理などの研修や講習を行っています。<br /><br /><br />【学習会のお知らせ】<br />兵庫県臨床工学技士会 第36回定期学習会<br />テーマ:院内における医療機器安全研修について考える<br />日時:2013年11月17日(日) 10:30~16:00(受付開始 10:00)<br />場所:宮野医療器 大倉山別館<br />http://hce.umin.jp/seminar.html<br /><br /><br /><br />Clinical Engineer Puls+では、技術の向上・発展・進化・情報共有は基本的に自由です。こんなことを投稿してもいいのかな…?と、もし疑問がある場合は、facebookページ内のメッセージでコメントを気軽にください。管理人の都合上、解答が遅れる場合がありますが、必ず返信させて頂きます(^0^)<br /><br />今後も、Clinical Engineer Plus+を気軽に応援してください☆

  1. 2013/10/24(木) |
  2. 学会・勉強会
  3. | コメント:2

MEセミナーのご案内

10月6日(日)に六甲アイランドでMEセミナーがあります。

MDICの点数も もらえますのでメーカーの方もぜひに~


席に限りがありますので、参加の方はお早めに。


http://hce.umin.jp/seminar.html
【セミナーのご案内】<br />10月6日(日)に六甲アイランドでMEセミナーがあります。<br />私は“心電図モニタの基礎知識”というセッションを担当します。ナースとCE両方の視点から、心電図モニタの落とし穴について掘り下げてお話しします。<br /><br />興味がある方は、席に限りがありますので、お早めにお申し込み下さい。<br />http://hce.umin.jp/seminar.html

兵庫県臨床工学技士会のポスターは統一デザインで作っています。
金もかかています。学会レベルの仕上がりです。県内各施設代表に郵送しています。すごいことだと思います!

  1. 2013/09/19(木) |
  2. 学会・勉強会
  3. | コメント:0

研修は医療安全推進室を巻き込む

日臨工学会 WS17 医療機器安全管理責任者 研修について

私の師匠方が報告されていました。私も会場から参加させていただきました。
DSC_0511.jpg

テーマが研修ということで難しく、まとめるという所までいきませんでしたが、参考になる報告も多かったのではないでしょうか?当院の現状を考えてみて、今、うまくできているのにはいくつかの要因が思い当たりますので、列記してみます。

・8年前から輸液ポンプの研修に動画を用いた集合研修を開始(座学+看護プリセプターによる実機実習)

・看護部を巻き込み、キャリアラダー(必須研修)とした。

・年間計画を早めに立て、医療機器安全管理責任者と医療安全推進室との共催とした
 専属の事務員の方が、会場手配、アンケート、広報(反強制)で準備を行なってくれます。

なお、臨床工学技士が関与する研修は以下のとおりです
 オリエンテーション:医療ガス基礎講習
 4月中旬:輸液・シリンジポンプ取扱研修
 5月中旬:医療機器取扱研修(モニタ・フットポンプ・低圧持続など)
 6月:酸素療法
 7月:ICLS
 8月:PCAポンプ
 10月:人工呼吸器

研修は医療安全推進室を巻き込み、病院主催研修として開催し、必須研修とするとうまくできるように思えます。



  1. 2013/05/22(水) |
  2. 学会・勉強会
  3. | コメント:0
次のページ