FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

救急病院が大幅減収、医療崩壊に拍車

救急医療、いよいよ崩壊か・・・?医療介護CBニュースより

 今年4月の診療報酬改定で、「入院時医学管理加算」の要件が厳しくなったため、地域の救急医療を担ってきた医療機関の多くが同加算を算定できなくなってい る。同加算の算定を継続できない場合、中核病院(300床規模)では、減収額が年間3000万-3500万円に上るとみられている。今回の改定で厚生労働 省は「病院勤務医の支援」を打ち出したが、全日本民主医療機関連合会)などは「減収によって勤務医の過重労働は軽減されず、地域の救急医療 体制の崩壊にも拍車を掛けている。新たな算定要件は早急に見直すべき」と訴えている。

 「入院時医学管理加算」は、十分な人材と設備を備え、地域で救急医療など急性期医療を提供している病院を評価する診療報酬で、改定前までは一病床当たり一日600円を算定することができ、昨年度は206病院が届け出ていた。
 今年の診療報酬改定で厚労省は同加算を一日1200円に引き上げた。その一方で、算定の施設要件として、▽内科、精神科、小児科、外科、整形外科、脳神 経外科、産科または産婦人科と、これらの診療科の入院体制が整っている▽全身麻酔の患者が年間800件以上である-などを新たに盛り込んだ。

 厚労省は当初、新たな要件を盛り込んでも150-170の病院が届け出ると見込んでいたが、88病院にとどまっていることが、小池晃参院議員(共産)の国会質問で明らかになっている。
 全日本民医連などは「厚労省は『勤務医対策のため病院に重点配分した』と強調したが、実際には、新たな加算を算定できな い病院が相当数に上っており、増収どころか、以前の加算がなくなって窮地に立たされている」と批判している。

国民皆保険“崩壊”の危険も
 同加算では、紹介状のない初診患者から初診料以外の医療費を徴収する「選定療養」も導入された。「選定療養」は従来、医療機関の裁量に任されており、 「選定療養」の導入を診療報酬の施設要件にしたのは、今回が初めて。全日本民医連では、「『選定療養』は保険が利かない『混合診療』の一形態で、今後、 『選定療養』がさまざまな診療報酬上の施設要件にされる恐れもあり、国民皆保険制度の崩壊を招くことにつながる」と反発している。

 小池議員はこのほど、質問主意書を提出し、新たな要件の見直しなどを求めたが、政府は答弁書で「新たな加算を算定できないことだけで、勤務医の過重労働に拍車が掛かるとは考えておらず、見直すことも考えていない」との見解を示している。
スポンサーサイト



  1. 2008/11/28(金) |
  2. 救急・災害
  3. | コメント:0

社団法人化

 日本臨床工学技士会をはじめ、都道府県単位でも社団法人化に成ったところが増えてきました。このたび埼玉県臨床工学技士会も都道府県では5番目の社団法人格を取得されたようです

 今年から法人化制度に対する法律の改正があり、届出により一般社団法人は設立できることになりましたが、公益社団法人については審査会が開かれ、そこで審議、検討されて公益社団法人になれるかどうかが決まることとなりました。この件で、今各都道府県では、困っているのが現状だと思います

 放射線や検査の技士会を見ますと、会員数が工学技士会の10倍程度で、事務所や会議室を独自で運営されているので公益格を取得しやすいと考えますが、事務所もなく、会員数も少ない工学技士会にとっては公益法人化はとても厳しいものとなります。

 公益社団法人については、絶対なるべきだと考えますが、
(公益社団法人)日本臨床工学技士会、兵庫県支部

で普段は県単位で活動し、それぞれの県が別々に公益法人格を取らなくてもよいのでは?っと思ったりします。みなさん、いかがでしょうか?

  1. 2008/11/28(金) |
  2. 技士会
  3. | コメント:0

最近の若い者は・・・

「最近の若い者は・・・」っていう苦言はメソポタミア文明の頃からあるらしいです。
私も言われてきたし、最近では言ったりしています。


しかし、最近、食品偽装、無差別殺人等かなしいニュースが多すぎます。それらを子供たちはどのように見ているでしょうか?大人の社会は、未来ある子どもたちの心と体を守る責任があるのに、現状はおかしくなっていると思う。

子供からすると「最近の大人は・・・・」って感じでしょう!言われないようにしていかなければと思うばかりである・・・
  1. 2008/11/27(木) |
  2. つぶやき
  3. | コメント:0

「情報を見極めるチカラ」

先日、「テレビ寺子屋」フジテレビ4:00から放送(なんで起きとんねん!?)を見て
講師の市民メディアアドバイザー 下村健一
さんがよいことを言っていたので書きます。

皆さんはお子さんに「テレビの見方」を教えたことがありますか。テレビやインターネットなどのメディアから 情報が溢れる今、これは「ご飯の食べ方」や「道の歩き方」を教えるのと同じように、子供たちに教えなければいけないことだと思います。中でも今日はマスメ ディアからの「情報の受け取り方」についてお話します。これは情報に踊らされない大人になるために必要なことです。

家庭で実践できることとして、テレビを見ながら子どもに次の4点を問い掛けてください。
 1つ目は「実 際に起きたこと?感じたこと?」です。キャスターが話す内容が事実か、その人が感じた印象かを見極めましょう。
2つ目に「他の見方はないかな」ということ です。例えば、人里に猿が出たというニュースがあったとします。これは違う視点から見ると、もともと猿がいた山を切り開いて人が住んでいるのだから、猿里 に人が出たとも言えるのです。
3つ目に「何が隠れているかな」です。ニュースはある事象にしかスポットを当てませんから、その裏に隠されていることにも目 を向けましょう

最後に「まだわからないよ ね」、つまり結論を即断しないということです。松本サリン事件の第一通報者である河野義行さんを犯人視した例が典型的です。情報を伝える側の「部分しか伝 えきれない」限界性と、視聴者の「部分を全体だと思ってしまう」癖とが重なり合って、皆が加害者になってしまいました。

このように情報化社会である現代においてメディアからの情報を正しく受け取るということは、衣・食・住に匹敵する重要事項なのです。

◆ともにゃんの視点
 最近のマスコミ報道を見ていますと、極端に偏った情報が多いようにも思います。みなさんも2チャンネルのことは信用しなくても、新聞やテレビの情報は信用しちゃいますよね!大規模災害時なんかにも、情報がうまく伝わらないことが多いです。阪神大震災の時には、震源地より神戸の方が被害が多いなんて夢にも思っていませんでしたので、メディアが被害状況を伝えるまで、信じられなかったものです。

  1. 2008/11/26(水) |
  2. 成長日記
  3. | コメント:2

夜間の人工透析で死亡率が大幅に低下

今日は、Dr、赤ひげ.comより
http://www.drakahige.com/NEWS/DAILY/2008/2008111704.shtml

 腎疾患患者の死亡リスクが、従来の1回4時間、週3回の透析治療に比べて、夜間に1回8時間の透析を週3回行うほうが大幅に減少することが示され、米フィラデルフィアで開催された米国腎臓病学会(ANS)年次集会で発表された。

 報告を行ったトルコ、エーゲEge大学(イズミル)腎臓病学科のErcan Ok博士によると、透析技術や医療は向上しているものの、従来の4時間、週3回の透析治療を受ける患者の死亡率は依然として受け入れ難いほど高いという。透析は腎不全患者の水分除去措置としては最も一般的な方法で、入院、外来のいずれでも実施されるが、通常は何らかの医療機関で行われる。患者の多くは、週 3回、1回3~5時間の処置を受けている。

 今回の研究では、従来の方法から、週3回、夜間8時間の透析に切り替えたトルコ人患者224人(平均45歳)を追跡した。研究グループによると、患者が処置を受けながら眠れるようになるまでには、通常1カ月の「適応期間」を要したという。

  1年後、夜間治療群と、従来の週3回4時間の治療を継続した同様の患者群とを比較したところ、夜間治療群は死亡率が78%低かったほか、血圧管理に顕著な改善がみられ、降圧薬の使用が3分の2減少した。また、リン酸塩濃度が正常値まで低下し、リン酸塩吸収を抑える薬剤の使用が72%減少。さらに、食欲向上、望ましい体重増加および血中蛋白(たんぱく)濃度の増大がみられたほか、患者の多くが仕事に復帰し、業績や精神状態も改善されたと報告している。「このデータによって、医師、患者、保健当局、社会保障機関をなど社会全体が長時間の透析の必要性について納得してくれると期待している」とOk氏は述べている。

 米セント・ジョンSt.John病院(デトロイト)のRobert Provenzano博士は今回の研究について、称賛できるものだが、腎臓は1日24時間働いており、透析時間が長ければ長いほうがよいのは明白と述べている。より頻繁な透析が健康状態全般を向上させることは、欧米の研究ですでに示されているという。今回の研究では患者が自己選択されており、無作為化対照試験となっていない点が問題と指摘。トルコ、中国、インドなどの発展途上国では、透析などの治療を受けることのできる患者は比較的裕福で健康状態もよい傾向があり、このことが研究結果にどのような影響を及ぼしているのかわからないことからも、無作為化研究が必要であると同氏は述べている。
  1. 2008/11/26(水) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

使いやすいスキャナ

今日は、使い出したらとっても重宝するカラー イメージ スキャナ ScanSnap (スキャンスナップ)のご紹介です。
00401510175.jpg
何がよいかと言いますと、付属ソフトの「楽²ライブラリ パーソナル」でスキャンした画像をパソコン上でまるで書庫のように整理でき、見出しを見れば一発で検索することが可能なところです
index-001.gif
これさえあれば、添付文書やカタログも捨てても大丈夫です。
ぜひ一度使ってみてください。(決してメーカーの回し者ではありません!?)
詳しくは↓
http://scansnap.fujitsu.com/jp/
  1. 2008/11/25(火) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:0

立会い実施確認書

「立会い実施確認書は医療機関でも管理が必要」かどうかを調べてみました。

医療機器業公正取引協議会 発行
「医療機関等における医療機器の立会いに関する基準 立会い実施確認書 厚生労働省からの通知」を見て見ますと、

(5)立会いを行う際には、医療機関から「立会い実施確認書」を入手しなければならない

 1)「立会い実施確認書」の様式は、公正取引協議会の定める様式(4)によるものとする。
 2)受領した「立会い実施確認書」の保存期間は5年間とし、事業者が管理を行なう

普通に解釈すると事業者が管理を行うと記載されいるので、医療機関が「立ち会い実施確認書」を管理するのは義務ではないとも読み取れます。この辺は、難しいところですので公取協に電話をして確認しました(結構、すぐに教えてくれます)

結果:「公取協は事業者に対して指導しており、病院には指導できる立場ではないのですが、病院が
「立会い実施確認書」を発行しているので、コピー等をして保管するのが望ましい」と言われました。

また、「立会い実施確認書」ですが、当院は公取協に確認し、同様の内容であれば別書式で作成してもよいということで、オリジナルを作成して運用しています。公取協の「立会い実施確認書」は、有償による立会いを想定して作成されていないので、使いにくかったので別に作りました。
  1. 2008/11/21(金) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:0

身体検査

今日は、恒例!?私の身体検査です。私の体重・ウエストが気になっているブログファンのみなさま、お待たせしました。
巷では、バナナダイエットを続けている人もすっかり減ってしまい、あんなに買うのが難かしかった、バナナも今は店頭で山積みです・・・・・285
 
ブログを振り返ってみると、2006/11/22は、ウエスト95cmもあったのですね?あの頃に買ったズボンを見ても当時がピークだったような気がします。239
2008/9/5に、無理しないダイエットを始めた頃は、体重75kg、ウエスト92cmもあったのですが、今は 体重72kg、ウエスト88cmと体重3kg、ウエスト4cmダウンしています287。これに、適度な運動が加われば、もっとよいのでしょうが、なかなかそうはいきませんねー259
  1. 2008/11/21(金) |
  2. ダイエット(逆含む)
  3. | コメント:5

福祉の仕事

今日は、福祉の仕事について考えてみたいと思います。

みなさん想像して見て下さい。
もし、寝たきりのお年寄りがずっと家にいて、面倒見るのが自分しかいなかったら・・・・仕事どころではありませんよね!?はっきり言って大変すぎて、おかしくなっちゃうかもしれません。

 老健・特養施設の職員の方は、仕事であればかなり大変でも,仕事が終わって家に帰ってゆっくりお風呂に入って気分転換出来るんでしょうけど、在宅介護をする家族には逃げ場が無い。
 かなり大変な仕事かつ重要な仕事として福祉の仕事ですが、給料は安く、若い人が一生の仕事として選択しにくい土壌があります(ボランティア精神がないと続かない)。もっと高い給料必要だと思います。

そもそも介護報酬にしても医療報酬にしても、安すぎますし、人が少なすぎます。それでもってすぐに訴訟になる・・・・・・なんとかならないものですかねー!?。
福祉をボランティアと間違えてるような人がいますし・・・・・
 日本では、「病院で死ぬ文化」が一般的ですが、厚労省はこれに医療費削減を絡めて、

病院で死ぬ文化 → 家で死ぬ文化

ここまでの転換を受け皿を物理的にそう設定する事により推進しつつあります。厚労省の政策で無理があるのは、病院医療、施設介護を締め上げて、在宅介護しか行き場の無いようにしての誘導である事です。さらに問題なのは弱体の介護体制のままで推し進めている点かと考えています。私は現在の日本で「家で死ぬ文化」にいきなり回帰できるとはとても思えません。そこで、

病院で死ぬ文化 → 施設介護で死ぬ文化

この線でなんとか社会的コンセンサスを得る方向にならないかと思います。このコンセンサスを病院に較べて軽装備の施設介護でも満足してもらう様に意識変換して欲しいところです。
  1. 2008/11/20(木) |
  2. つぶやき
  3. | コメント:1

保守契約

今日は保守契約のお話です。233
ME室だけですと、保守契約している装置はあまりないのですが、私は医療機器安全管理責任者ですので病院全装置の保守契約を担当しています。金額的には1億円ほどです。特に放射線機器は高額であり、契約には注意が必要です。

 これは特に放射線機器の保守契約の進め方ですが、まずメーカーの話を聞きます。そして、現場の要望を聞きます。それと新規購入の場合も1年間にかかった費用を予想でもよいので出してもらいます。そして・・・
 
保守契約金額<修理費用 

 ならば問題ないのですが、新しいうちは修理費用が安い場合がよくあります。285こういう場合は、保守契約プランを安いプランを含めて再検討する必要があります。購入後3年間は、点検のみでその後フルメンテナンスにすると、保守金額が安く付くことが多いです。

 あと、CTやMRI(特に外国製品)1億円以上の装置は、修理代がバカ高いので最初から購入金額の10%は必要経費として見ておかなければ、本来の性能を発揮できません。購入してから保守契約を結んでも、値引きが期待できませんので、購入時に保守契約料金を決めておくと、大幅な値引きが出来る場合があります。

 こういうことは何事も経験179ですが、事務の人より、医療機器や医療現場のことについて予備知識のある臨床工学技士が向いていることは言うまでもありません。臨床もよいですが、これからは臨床工学技士も事務系の分野に業務展開を考えていく必要があると考えます。128
  1. 2008/11/19(水) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:0

ひき逃げ事件に憂う

警察庁によると、2006年のひき逃げ事件は1万8366件で、うち死亡事故は233件らしいです。救助の義務に違反した場合、事故の軽重を問わず、ひき逃げになることもあるので、交通事故があったら警察には必ず連絡が必要となります。私も先日の事故で、被害者といっしょに救急車に乗っていこうとしたら、救急隊からひき逃げになる場合があるとのことで、警察が来るまで待っていてくださいと言われました。

最近は、飲酒運転が刑罰が軽いので逃げるということが言われているので調べてみました。

飲酒運転
2007年より、酒酔い運転の罰則が「5年以下の懲役又は100万円以下の罰金」、酒気帯び運転の罰則が、「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」呼気中アルコール濃度、0.15 mg以上で違反点数6点、0.25 mg以上で違反点数13点

救護義務違反(=ひき逃げ)
「5年以下の懲役又は50万円以下の罰金」。人の死傷が当該運転者の運転に起因するものであるときは、「10年以下の懲役又は100万円以下の罰金」
自動車運転過失致死傷
自動車の運転上必要な注意を怠って人を死傷させた者は、「7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金」。ただし、その傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができる。
危険運転致死傷
アルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行させて人を負傷させた者は「15年以下の懲役」、人を死亡させた者は「1年以上の有期懲役」。

どうも、刑罰的には、あまり変わりがないようですが、感覚的に刑罰が重いので何とか逃げたいと思ってしまうのでしょう!個人的には、ひき逃げはもっと厳罰にして「殺人罪」を適応しひき逃げするととんでもない重い刑罰になると意識の中に響くようにしないとひき逃げは減らないような気がします。
  1. 2008/11/18(火) |
  2. つぶやき
  3. | コメント:0

ICLS

第1回 ICLS臨床工学技士会コースが無事終わりました
コースは、3グループ18名の受講者で、半分が臨床工学技士という設定です。最大の目的としましては、普段一般のコースになかなか参加できない臨床工学技士の方々に受講していただきチーム医療を学んでいただくことでした。

 今回のコースが無事成功したのは、中心になって進めてくれた、臨床工学技士の「まさやん」「かとちゃん」さんの尽力があり、それを理解してくださった、CMDの先生、技士会(会長)があったからだと思います。

 また、インストラクターもベテラン揃いで上手に進めてくださったこともありますが、受講者のコースにかけるモチベーションが高かったことが1因と考えます。臨床工学技士もやればできるんだ!という底力を感じた
1日でした。インスト(特に救急)さんは、臨床工学技士は何をする人!?という思いがあったようですが、事前のML等のやりとりや、当日の完成度の高さで、また来年もやってもよいなーと思ってくださるようになっていました。

 個人的にも、不安でいっぱいだったワークショップ形式のシナリオも新しい発見が多く、今後流行りそうな予感がしました。本当に充実した1日でした。参加されたみなさんもきっと同じような感想だと思います。
 まさやんさんが、今回のコースを日臨工学会で発表するようなのでご期待ください。
  1. 2008/11/18(火) |
  2. 技士会
  3. | コメント:2

次男3歳

この週末は、行事が目白押しでした。
土曜日:AM、長男音楽会343
→12:00~19:00217北摂ME研究会→20:00~事故相手側と話し合い→21:00~次男誕生日お祝い239
日曜日7:00~19:00:兵庫県臨床工学技士会ICLSコース参加→20:00~23:00:緊急カテのため呼出
今日は、めっちゃ疲れです。あまり体が動きそうにありません259。2日後が心配・・・・・
081115_0932~0001
その中から少しご紹介。  まず、長男の音楽会。小学生といえどもあなどれません!?特に高学年になると拍手ものです。我が長男はというと、家に帰って来てなかったなー・・・・・・どこ見とんじゃい260!って感じです。
081115_2053~0001 次に次男の誕生日、自分がお祝いされていると判っているらしく、とってもうれしそうでした・・・・・・・親の心配事としては、いつになったらはっきり言葉をしゃべるんじゃい258って感じです。
  1. 2008/11/17(月) |
  2. 成長日記
  3. | コメント:1

なぜ!なったのか?

明日、北摂ME研究会「改正医療法施行後の取組み状況について」があります。
勉強会の資料を作っていたら、私がなぜ医療機器安全管理責任者になったのか?を振り返ることができましたので、みなさんいお伝えしたいと思います。

理由1、尊敬する先輩に薦められた319
     これは、医療機器安全管理責任者に任命されたばかりの頃、日臨工学会で尊敬する先輩に
    「なれるのなら、やったらいいんだよ!」と後押しされたことで大きな自信になりました。

理由2、もともとパイオニア精神の塊だった179
     私は、15年前に今の病院就職しましたが、だれも臨床工学技士のことをよく知りませんでしたし、
     周りの施設もほとんど機器管理を中心に業務をしている施設はありませんでした。そんなこんなで
     何事にもチャレンジしてきた歴史があります。
dacho0809.jpg
 今回、医療機器安全管理責任者を誰にしようかな・・・・・てなった時、みんな「ダチョウ倶楽部」のようではないですが、オレがやるよ!ってな感じではなかったです。そこで、私は上島竜平がごとく「オレがやるよ」284→(じゃあ、どうぞ!どうぞ!ってな感じで選ばれました。
  1. 2008/11/14(金) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:0

良質で安全な医療のためには

 良質で安全な医療を提供するには、医療機器の保守点検に関わる臨床工学技士が増えることが必要不可欠です。それでは、どうすれば増員できるのでしょうか4

1、採用増、業務転換する
2、医療機器安全管理料を増額する
3、法定点検化にす

まず、
「1、採用増、業務転換する2」ですが
どの施設も今の業務で一杯ですし、透析室から業務転換するにしても人員不足の状態です。ましてや看護師も不足しています。おまけに学生も少子化の影響で減ってきています。

次に、「2、医療機器安全管理料を増額する13」ですが
管理料は50点です。保険点数が付いただけでも奇跡的です。増額されるとは思いませんが、人件費分を稼ぎ出すには1000点以上は必要と思われます。

最後に、「3、法定点検化にする16」です
病院内を見てみると、エレベーター、オートクレーブ、医療ガス設備等色々なものが法定点検もしくはそれに順ずるもので点検されています。生命維持管理装置に関連した事故はこれらよりも多いです。本当に、良質で安全な医療を提供する気があるのなら、法定点検化しか道はないと思います。

みなさんは、どう思われますか?えーーどれも無理ですか?
そうですよね!今のところの解決策としては、「ともかく積極的にがんばる」しかないようです259
  1. 2008/11/13(木) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:0

地域振興券よりひどいのでは?

今日は、神戸新聞の正平調からです。

 その年、日本は七千億円をめぐる騒ぎに振り回された。1999年のこと。
政府は緊急経済対策で、子どもや高齢者の家庭に地域振興券を配ったが、賛否は分か れた。

 当時の紙面で見ると、こんなあんばいだ
◆自民党と公明党の政策協力で決まった。公明の浜四津敏子代表代行は「世紀の愚策と言われているが、これから 世紀の快挙になる」と懸命にアピールした。
◆小渕恵三首相:「個人消費の喚起と地域経済の活性化を図る」と所信表明演説で触れた
◆民主党の菅直人代表:国 会で「世間は七千億の国会対策費と酷評している」と語り、議事録から削除された。妻の介護を理由に高槻市長を辞任したばかりの江村利雄さんは「こんな人気 取りの政策は将来に禍根を残す」と批判した。結局、経済効果はほとんどなかったとされる
◆今また永田町が直接給付で騒がしい。今度は二兆円規模だ。これを 誰にどう配るのか。「高所得者辞退方式」なる意見が出る。と思えば「給付金」という名称は偉そうだと批判が上がる
◆最近、路線見直しの声が聞かれる小泉元 首相だが、与党内からたびたび上がる「ばらまき路線」は封じ込んだ。それが今夏以降、むくむく頭をもたげる。1999年もそうだった。不況下で総選挙が近 づくと、どうも同じような発想が出てくる
◆京都府網野町は地域振興券のデザインに、地元出身の阪神監督野村克也氏の言葉を使った。「敵在我(敵は我にあ り)」。自らを戒める言葉で、買い物券には似つかわしくなかったかもしれない。だが、今の政府与党にかみしめてほしい言葉ではある。
  1. 2008/11/13(木) |
  2. つぶやき
  3. | コメント:1

公立病院統合

今日は、神戸新聞の社説からです。

 公立病院の多くが赤字に苦しむ。加えて医師不足から診療科の縮小や休診を余儀なくされ、地域の中核病院としての機能を果たせなくなるところが増えている。
 総務省は昨年から公立病院改革ガイドラインをつくり、経営効率化や再編に乗り出した。だが、あちらを立てればこちらが立たずで、なかなか前に進まない。

 そんな中、小野市民病院と三木市民病院が統合することになった。これまで多くの医師を派遣してきた神戸大学医学部に、その余裕がなくなったからだ。

 新病院は二〇一三年に小野市でオープンする予定という。医師不足と赤字体質から抜け出し、高い機能を備えた新生病院としてよみがえることを期待したい。

 統合話は神戸大学が数年前から北播地区の自治体に持ちかけていた。それまで主に大学側から医師を派遣してきたが、〇四年から始まった新臨床研修医制度で卒業後の研修先が自由に選択できるようになり、大学に残る研修医が大幅に減った。
 これが全国で公立病院苦戦の要因となっている。人手が不足する大学側は系列病院から医師を引き揚げるようになり、各地で医師の不足や偏在が表面化した。

 小野市民病院は三年前に産婦人科の診療を中止した。三木市民はもっと深刻で、四科が休診、五科が外来のみとなった。
 一般に病院が統合されるとベッド数や診療科が増える。医師が重点配置されれば、地域の特性や実態に応じて、より中身の濃い医療が期待できるようになる。

 統合のプラス面だが、一方で二つが一つになれば不便に思う人も出てくる。緊急時の対応や通院の足の確保など、これまで以上にきめ細かな対応が必要だ。
 地方自治体の多くは、一般会計から公立病院の赤字分を補てんしている。赤字が増えるほど自治体財政は圧迫される。

 全国で進む公立病院の再編はやむを得ない面があるとはいえ、地方では在宅診療や予防的な健診に力を入れる公立病院、診療所もある。再編・統合を進める場合、そうした地域事情に配慮する必要がある。
 神戸大は新病院を全国から医師が集まるモデル病院にしたいようだ。急性期の治療や高度・先進的な医療にとどまらず、患者を総合的に診ることができる医師の養成、配置にも努めてほしい。一般病院や開業医との連携・協力も今以上に重要になる。
 地域医療が生き生きとしたものになってこそ、公立病院統合の意味がある

最初は5市民病院の統合案だったのですが、最終的にこの形で落ち着きました。折角前向きに進みだしたのですから、ぜひ新病院にはがんばってもらいたいものです。
  1. 2008/11/12(水) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

交通事故

 私事ですが、日曜日に人身事故を起こしてしまいました。
青信号で右折時に、横断歩道の歩行者に衝突してしまいました。相手の方は、肋骨を折って入院されています。反省しきりです。最近、自分の判断力の低下に年を感じるばかりです。
みなさんも、交差点では、徐行し、交通安全に努めてください。
  1. 2008/11/11(火) |
  2. 未分類
  3. | コメント:5

たらい回し

今日は「たらい回し」問題を考えてみます。実際には、「たらい回し」ではなく、「受け入れ不能」な状態のことを言うのですが、東京での出来事はさすがにショッキングであったらしく、様々な対策が唱えられています。

対策1:  「 断るな! 」

つまりいかなる状況であっても断りさえしなければ「たらい回し」は解消できるとの主張です。誠にもっともな主張で確かに断らなければ「たらい回し」は発生しません。

現在の医療経営は、空席が発生するのを許されない構造になっています。黒字経営の病院は少なくとも90%以上、実はこれでも甘くて95%~100%近い運用が求められています。またこれだけ埋めても入院している患者の質とか条件によっては黒字が出ません。この辺は病院の特性によって様々なので一概には言い切れませんが、おおまかにはそんな状態です。

 
話が長くなるので、いきなり結論
 救急を断らないための対策
 →空床補填加算点数を新設して、病院内に受け入れられる空床を確保し、赤字になったら補填するシステムしかない
  1. 2008/11/07(金) |
  2. つぶやき
  3. | コメント:3

新型インフルエンザ

新型インフルエンザ発生に備え、補正予算が付いたようです。
具体的には、感染症指定病院に人工呼吸器と個人防御具が配備されるようです。
兵庫県の場合は、県内の10施設を対象に人工呼吸器を50台配備するようです。

当院にも配備されるようですが、院内の具体的な行動計画は策定できておらず、患者が発生したら、右往左往することになることは、明白です。っていうか、予想では1名見つかった時点で、たくさんの人が感染しているようで、そうなれば、感染症指定とか関係なく、自分も含めたたくさんの人が感染している可能性があります。配備後は、メンテナンス等、頭が痛いところですが、大発生したときに少しでも有利に働けば・・・・と思って行動するしかないようです。

 最近は、新型インフルエンザと呼びような?はっきりしないので調べてみました。

SARS重症急性呼吸器症候群は、新型肺炎とも呼ばれる新種感染症であり、SARSウイルスにより引き起こされると考えられている。2002年11月(広州市呼吸病研究所は7月と発表)に中華人民共和国広東省に発生し、2003年7月に新型肺炎制圧宣言がだされるまでの間に、8,069人が感染し、775人が死亡した。

鳥インフルエンザ:鳥インフルエンザウイルスは、家禽類のニワトリ・ウズラ七面鳥等に感染すると非常に高い病原性をもたらすものがあり、そのタイプを高病原性鳥インフルエンザと呼ぶ。現在、世界的に養鶏産業の脅威となっているのはこのウイルスである。このうちH5N1亜型ウイルスでは家禽と接触した人間への感染、発病が報告されている。ヒトインフルエンザウイルスと混じり合い、人間の間で感染する能力を持つウイルスが生まれることが懸念されている。

新型インフルエンザ:通常ならヒトに感染しないトリインフルエンザウイルスが変異することで、ヒトに感染するようになったインフルエンザである。新型インフルエンザは30~50年おきに発生している。今までで最大のものは1918年から1919年のスペイン・インフルエンザで、世界中で4000万~一億人の犠牲者が出ている。1997年以降、トリからヒトへの感染の報告が相次いでおり、近い将来、パンデミック(世界的大流行)が起きると予測されている。

  1. 2008/11/06(木) |
  2. 救急・災害
  3. | コメント:4

米大統領選は、民主党のバラク・オバマ上院議員(47)が初当選を決めた。
RTR200811050198.jpg
メリカ大統領の選挙は1年がかりです。数々の演説を行なううちに、大統領自身が作られていくでしょうし、国民が直接選ぶ大統領ということで信頼も得れるのでしょう!それよりの47歳という年齢がすごいことです。日本でももっと若くてやる気のある人に、直接選挙で選ばれてなってもらいたいところです。
  1. 2008/11/06(木) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

もうすぐ、ブログ開設2周年です。

 もうすぐ、ブログ開設2周年です。カウンターももうすぐ10万件を突破しそうな勢いです。284それにしても、これまで3日以上日記を書いたことのない私にとっては、奇跡的な出来事です。これも、みなさまの拍手、コメント等の応援があってこそです・・・・・ちょっと少ないですが!?今後も応援・コメントよろしくお願いいたします。278
 
 なぜこんなに続いたのかを自己分析128しますと・・・・・ブログは日記ですから、自己を客観的に振り返ることが出来ます。また、発見したことをメモとして書きとめておきことも可能です。ネタのために色々研究することもありますし、日々勉強になることが多いです。今後も自分のためにブログを続けていきたいと思います。

 カウンター10万件で喜んでいる訳ですが、「臨床工学技士のリンク集」はすごいです1もうすぐカウンター150万件、毎日チェックしております。特に、最近のトピックスは見逃せません。
あまり下の方はみませんが、よく見てみると、大分増えていることに気が付きます。「業務に役立つソフトの解説」なんかは特にお勧めです。  おーーと、知らないうちに「ともにゃんの生態」もお勧め印が入っているではないですか?またまた、やる気が沸いてきました・・・・と調子にのりやすい僕ちゃんでした。
  1. 2008/11/05(水) |
  2. 成長日記
  3. | コメント:2

人生曲線

人生曲線って知っていますか?みなさんもこれまで一度くらいは書いたことがあるでしょう!
20070814_308554.jpg
自分の人生を、「幸せ度数」「不幸せ度数」で描き表してみるのです。51
ゼロのときは、「特に幸せでもなければ、不幸もなかった」とき。

そして、波の分岐点に、自分の転機となった出来事を書き入れていきます。
(たとえば、就職・大学入学・結婚・出産など…)163

「幸」「不幸」に決まった尺度はないので、あくまでも、自分の主観を大事に描いてみて
部下との面談に使うと、自分のことも知ってもらえるし、部下も話がしやすいと聞いたこともあります。

書いてみると、就職してからの長いこと(つまりよい就職するために学校に行き、勉強していたんだなー)ということが分かります。学生の人は学校で真剣に学び・・・・これからですので、就職を真剣に考えましょう!でないと後悔するかも259・・・・・・・・私は39歳ですので、人生の大きなイベントは済んでしまった感があります。

 そういえば小室哲哉の人生曲線は、10年前がピークで今が不幸の絶頂って感じでしょうか?16
  1. 2008/11/04(火) |
  2. 人材育成
  3. | コメント:1

勉強会

土曜日に技士会で「急性血液浄化装置の勉強会」を開催しました。
急性血液浄化装置は、特に保守点検の必要な機器として挙げられていますが、出来ていない施設も多いのではないでしょうか?

 そんな施設向けに、内容は、実際の点検方法を中心に旭、クラレ、東レの実機を使用した点検方法の講習でした。そんな訳で受講者には、好評で参加された方は、これから実際に点検を開始してくれることを期待しております。
  1. 2008/11/04(火) |
  2. 技士会
  3. | コメント:0