FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

今年もメディカルジャパンに

今年もメディカルジャパンに日本臨床工学技士会はブースを展開します。

医療機器開発を臨床工学技士が行わなくて誰がするのか!?

を知っていただくために、我々の新しい業務のために、今こそ必要だと思っています。

図1



セミナーも開催しますので、ぜひに~(^.^)/~~~
https://www.medical-jpn.jp/seminar/

スポンサーサイト



  1. 2017/12/30(土) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

スロット収支

 2017年スロット収支

稼動   30日 約180時間   -99,000円

麻雀収支 15日 約105時間  +53,000円
役満 10回ほど・・・

スロットの敗因としては、万枚が無かったことと、5号機のせいでしょうか!?
来年も懲りずに行くと思います。




  1. 2017/12/28(木) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

当直中の楽しみは、食べること

 当院では、当直が月に3~4回あります。
当直中の楽しみは、食べることです。


ちなみに、当直手当は7500円+食事代1000円となっています。
今回、かつやの「青ネギ味噌カツ丼」は、うま過ぎちゃんでした。

限定期間中に2回も食べてしまいました・・・・汗

SnapCrab_NoName_2017-12-23_18-11-1_No-00.jpg

  1. 2017/12/23(土) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

炭酸ガスの値段

 炭酸ガスの値段を調べてみます。

まず、液体なので気体に変換します

炭酸ガス1kg=571リットル

30kgボンベ(15000リットル)で9万円くらいなので、1リットル6円

小さいボンベでも 1リットル6.3円と中央配管にする金額的メリットは無いようです。

ちなみに、工業用は30kgボンベで3千円ほどと、医療用となるだけで30倍も違うようです

  1. 2017/12/22(金) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

M-BOXが発売

日本光電関西から、僕の、アイデアが盛り込まれた、送信機収納ボックス
M-BOXの試作品が出来ました 近日中に発売予定です。
全国販売になるかは、分かりかねます。

送信機のゴチャゴチャがなくなります。格安販売ですので、ぜひに〜〜

SnapCrab_NoName_2017-12-28_11-24-56_No-00.jpg

 

  1. 2017/12/20(水) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

臨床工学技士の年収

臨床工学技士の年収
結構、詳しく外れていない内容に驚いた!進学の時には、こう言うサイトを見るんでしょうね

jobthrough.com/me/contents/salary/income
  1. 2017/12/20(水) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ラベルプリンターは何を

 皆さんの施設で、ラベルプリンターは何をお使いですか?


テプラですか?
2年くらいすると、剥がしたテープが残ってしまい、大変な思いをすることも?

そんな人には、ブラザーのP-タッチをお勧めします!

テープ残り無し!特に、パソコン連動がお勧めです!

  1. 2017/12/11(月) |
  2. 未分類
  3. | コメント:3

技士会、連盟のメリットって何

技士会、連盟のメリットって何ですか…

1人で出来ない事を実現する場…

と、最近、本気で思うようになってきた(^ ^)


例えば、医療機器の開発に臨床工学技士が適しているとPRする。診療報酬や職域確保の為に政治家に働きかける…

こんなもの個人では、どうにも出来ないですから…

今は、我慢の時期である…

我々の努力が身を結ぶ兆しは見えかけている
  1. 2017/12/11(月) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

自ら考える姿勢が無いと長続きはしない

 青山学院のマラソン監督は、実業団で日本一になった経験を活かし同じ練習を大学生に課したそうです…

気がつけば、半数が故障し、箱根は夢の場所だった。

で、監督を首になりそうになったが、学生が大学に掛け合い監督を続けることができた!


方針変更し、学生自らが考えながら練習するようになった事で、箱根3連覇を達成したらしい❣️

やはり、自ら考える姿勢が無いと長続きはしないものである
  1. 2017/12/11(月) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

臨床工学技士会の生涯教育

 臨床工学技士会の生涯教育について考えてみる。

今後、臨床工学技士が他職種と競合する上で、生涯教育=ず~っと自己研鑚するっていうことが必要ですし
学術的なこと以外に、コミュニケーションスキルや接遇教育も重要だと思います。

日臨工だけでなく、地方技士会が中心となって、若手育成を担っていかなければ未来は無いと考えています。

検査技師会を参考にガイドラインを作ってもよいかもと思います。
https://www.jamt.or.jp/education/guideline.pdf#search=%27%E6%A4%9C%E6%9F%BB%E6%8A%80%E5%B8%AB%E4%BC%9A+%E7%94%9F%E6%B6%AF%E6%95%99%E8%82%B2%27



  1. 2017/12/04(月) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0