FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

点滴ポール用電源コンセントの活用方法

 点滴ポール用電源コンセントの活用方法について

こちらの商品は臨床工学技士のアイデアで作られ特許も取得されております
www.takigen.co.jp/jp/contents/news/products/newproduct_LE-550.html


①麻酔用のシリンジポンプに活用
②保育器のシリンジポンプ用に活用(下写真)

IMG_3467.jpg

スポンサーサイト



  1. 2018/03/28(水) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

生体モニターのアラーム減少対策

 今年の日本臨床工学会でスイーツセミナーで講演いたします。
で、ネタ集め中なんですが、少しネタばらしを・・・・

日本光電のセントラルモニターでアラーム数の調査をしたところ
1回目 1人平均 1日あたり234回
2回目 1人平均 1日あたり212回

1回目のあとに、15分程度の勉強会を開催しましたが、効果のほどは・・・?

で、次の取り組みは
・一時退室機能の活用
・電波切れ、電極確認アラームを黄色で分かりやすくする
・SPO2プローブを装着していない時はプローブを外す
・朝夕の申し送り時にアラーム状況を確認する

IMG_3461.jpg

  1. 2018/03/27(火) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

バックバルブマスクをディスポに変更

 バックバルブマスクをディスポに変更しました。

従来からBVMは、フィルターを付けて再使用するルールでしたので、分解洗浄して
組み立て間違え・・・ってことは無かったのですが、いざ使おうと思ったら
酸素チューブやリザーバーバックが無い・・・・ってなことも!?
まあ、こんな感じ:imimed.jp/uservoice/ambuinterview02.html




  1. 2018/03/16(金) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

特定高圧ガス取扱い主任者

 厚労省発の医療ガスの定期点検の実施責任者は「特定高圧ガス取扱い主任者」であることが明記されています。
今後の臨床工学技士として、病院施設を管理するならば、医療ガスの管理も含まれてきますので
この資格を取得しておきたい所です。

詳しくは:www.khk.or.jp/activities/regalexamination_course/course_schedule/schedule.html

  1. 2018/03/13(火) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

どのようなアピールをすればよいのか?

 先日は、保険点数や法律を作る話し合いの場に参画する方法を説明させていただきました。

では、我々はどのようなアピールをすればよいのか?を考えてみたいと思います。
1、その効果にエビデンスがあること(確かな資料が整っていること)
2、医療経済的にメリットがあること
3、恩恵が一部の関係者に偏らないこと

           を鑑みた上で要望が必要と言われています。

現在、候補に挙がっている要望は以下の通りです

・臨床工学技士の育成に関する公的財政支援制度ならびに国公立大学の養成学科新設
・医療機器を用いた治療分野における業者依存体質からの脱却
・医療機関や在宅で使用される医療機器の実態把握に関する支援制度の創設
・第五次医療法改正に伴う医療機器保守点検を遂行するための医療機器法定点検制度の導入
・「臨床工学技士の需給計画及び人員配置基準に関する検討会(仮)」を厚生労働省内に設置
・医療機器産業ビジョン(医療機器開発)での臨床工学技士の活用強化
・医師不足による過重労働対策として検討されているPA制度への臨床工学技士の参加
・高度医療現場に拡大する医療機器の安全な技術提供と医師・看護師のストレスの軽減
・人事院勧告における他の医療技術職との解離是正
・臨床工学技術と手技を適正に評価した診療報酬の改定



  1. 2018/03/09(金) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

臨床研究法の施行に伴う政省令の制定

臨床研究法の施行に伴う政省令の制定について」

厚生労働省医政局研究開発振興課からの通達です。

要は、学会発表する時、倫理委員会を通しなさい・・・と言うことらしいが
院内では、まだ何も動きはありません!

詳細は下記URLをご参照ください。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000163417.html
  1. 2018/03/07(水) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

なぜ連盟活動が必要か

大家さとし自民党副幹事長の講演会に参加してきました。

さすがに、巻き込む演説、惚れ惚れします♪


で、なぜ連盟活動が必要かを少し話しみます。
 要は、臨床工学技士に有利な法律や保険点数獲得というのが活動命題です。

 保険点数獲得の流れとして、全体予算がありますので、治療効果や経済的な根拠を元に優先順位を付けて予算配分する訳です、明らかな経済効果がある場合は、別として、一般的には、比較しにくいですから中医協や厚労省で説明する必要があるわけですね、現在は説明する機会も得られていないというのが実際のところです。
 
 説明の機会を得るには、中医協のメンバーや厚労省で説明する機会が必要です。機会を得るには、議員連盟(応援してくれる国会議員の団体)=多くの国民の声の反映する団体が無ければ、現在の日本では対話の土俵にも上がれないのです。それが世の中のルールということが分かってきました。ですので、議連や国会議員を輩出している医療職には、保険点数が付いている訳です。
  1. 2018/03/07(水) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

日本臨床工学技士会のアンケート

日本臨床工学技士会のアンケートが各委員会より実施されておりますので、
ご回答へのご協力をよろしくお願い致します。

各アンケートは臨床工学技士の現状を把握し、基礎材料や業務検討に活用させて頂きます。



統計委員会

『臨床工学技士に関する労務実態調査・意識調査2017』

〇実施期間:2018年2月1日~2月28日
〇対象:全会員
〇方法:Webアンケート



集中治療業務検討委員会

『集中治療業務に関する臨床工学技士アンケート2018』

〇実施期間:2018年2月13日~3月12日
〇対象:ICU,CCU,EICU,NICU,PICUなどの集中治療室がある施設の臨床工学技士代表の
方(1施設1名)
〇方法:Webアンケート



手術室業務検討委員会

『臨床工学技士の役割拡大に関する アンケート』

〇実施期間:~2018年2月28日
〇方法:Webアンケート



各アンケートの回答は日臨工HP http://www.ja-ces.or.jp/ce/  から

『プリバド』にログインし『インフォメーション』に進んで下さい。

  1. 2018/03/02(金) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0