FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

最近、ブログの記事が滞りがちですが、スロットネタはないんですかか?との問い合わせもあることから、機械好きには、スロット好きも、多いと感じます❣️
昨年は、引きが好調で3年ぶりの年間片手プラス収支を上げましたが、5号機時代の確率以上をものにするのは、しんどいものがあります。とは、言えともにゃんは、沖ドキメインですが、中段チェリーを5回引くなど、良い年でした。このままの調子を維持したいが中々出撃時間の取れない今日この頃です😅

hqdefault.jpg
スポンサーサイト



  1. 2019/02/28(木) |
  2. 未分類
  3. | コメント:1

ベッドも加水分解・・・汗

靴のソールがボロボロになったり、剥がれてしまったりという経験はありませんか?
特に、しばらく履く機会のなかった冠婚葬祭用のシューズや、季節的にしまい込んでいたトレッキングやランニングシューズなど。

それらの原因は加水分解という経年劣化です。

なんと、当院の電動ベッドでも、キャスターにこの症状が発生し始めました(汗

購入から18年が経過し、いよいよ寿命が迫ってきました
しかし、ベッドの購入は、新築ならともかく、入れ替えは大変です。
  1. 2019/02/28(木) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

アンケート協力依頼

現在、日本臨床工学技士会が労務実態調査・意識調査を行っております。

日本臨床工学技士会ホームページのプリバドで行う調査となっております。

臨床工学技士の基礎資料として重要な調査ですので、ご面倒ですがプリバドにアクセ
スして頂き、ご回答いただきますようお願いいたします。

実態調査の結果を反映した資料を厚労省に提出しております。

SnapCrab_NoName_2019-2-14_15-56-58_No-00.jpg
  1. 2019/02/14(木) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

、臨床工学技士が災害医療に関わる

今日は、臨床工学技士が災害医療に関わるを考えてみたいと思います。

①DMATとして関わる
  全員で約1万名、1チーム5名で 医師、看護師、ロジスティックの役割があります
  臨床工学技士は、ロジ役として、運転・手配・事務全般などが役割で
  全国で200名程度なっているかと思われます。
  災害拠点病院に所属し、病院内で推薦されて初めて研修に参加することが出来ます。

②JHATとして関わる
  透析施設の援助が主な任務となります。約200名が隊員登録しています
  研修参加と施設の許可が必要となります。

③日本臨床工学技士会、災害情報コーディネータとなる
 役割は、都道府県内の臨床工学技士会の代表者として、県内の情報収集・発信となります
 各県に2~3名登録されており、全国に約150名登録されています

まあ、後は海外での災害対応となりますが、日赤独自でハードルも高いものとなります。
いずれにせよ、

自分が災害医療をやりたい!とアピールすること、
そして、地道な努力により施設内で認められることが重要となります。

  1. 2019/02/04(月) |
  2. 未分類
  3. | コメント:5