FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

メディカルジャパン大阪のご案内

メディカルジャパン大阪のご案内

日時:2020年2月26日(水)~28日(金)
場所:インテックス大阪

当会主体の模擬手術室や臨床工学フォーラムも開催されますのでぜひご参加願います。


詳しくは:https://www.medical-jpn.jp/ja-jp/visit/osaka/operatingroom.html


スポンサーサイト



  1. 2020/01/21(火) |
  2. 未分類
  3. | コメント:1

「在宅人工呼吸器における使用上の注意について」

厚生労働省通知 「在宅人工呼吸器における使用上の注意について」

https://www.pmda.go.jp/files/000232426.pdf

要は、呼吸器と携帯電話を近つけると影響があるかもしれませんよ~ということです。

主な機種との距離です

・トリロジー 115cm
・アストラル  30cm
・vivo  100cm  となっております。
  1. 2020/01/15(水) |
  2. 未分類
  3. | コメント:2

機器管理の基本

みなさま、新年あけましておめでとうございます。今年も何かとヨロシクお願いします。
新年1発目のネタは、毎年恒例の、初心を忘れないように、1999年オペナーシーング8月号に渡辺敏先生が書かれていたものを紹介します。

機器管理といえば機器を相手の仕事ではありますが、機器の向こう側には患者さんがいるということを常に頭において仕事に接したいものであります。



<以 下本文> ある看護師さんの話、患者さんが使用している人工呼吸器の作動音がいつもと異なっていることが気になり、臨床工学技士に依頼した。技士は作動状況をチェッ クしたが異常はなく設定どおり換気が行なわれていた看護師さんが執拗に作動音の異常を指摘するため、代替機に交換した後、問題の呼吸器を作動テストしたと ころ、しばらくして突然停止した。

停止の原因は、本体の故障であった。 この看護師さんは日頃から自分が使用する医療機器の作動音に注意を払っていたため、機器の異常による換気停止を未然に防ぐことができたと考えられる。人間の五感には視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の五種類の感覚があるが、効果的かつ安全な医療を行なう際にもこの五感の果たす役割は重要であることをこの事例はよく物語っている。
  1. 2020/01/06(月) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0