FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

前立腺肥大

前立腺肥大症は、高齢になると、ほとんどの男性がかかる病気です

最近ちょっと尿の切れが悪くなったので、お勉強です。
http://www.e-chiken.com/shikkan/zenritsu.htm






 前立腺肥大症は高齢の男性によく見られる病気です。前立腺は、膀胱のすぐ下に
あり、ちょうどクルミほどの大きさで、内部を尿道が通っている器官です。この前立腺が
年齢とともに肥大することにより、尿道が圧迫されて排尿障害をもたらすことが知られています。
 前立腺肥大症は年齢と深い関係にあり、40・50代で症状が出始め60歳を過ぎると、
半数以上の人が夜間頻尿と放尿力低下を訴え、65歳前後で治療を開始する人が
多くなります。
 そして、80歳までには80%の人が前立腺肥大症になるとみられています。
 程度の差こそあれ、高齢の男性にほぼ全員発症するため、男性の更年期症状とか、
老化現象の一種という見方もできます。

 

第1期から第3期までの症状があります。

 上記で記載したとおり、前立腺肥大症は、尿道付近の前立腺組織が肥大して尿道を圧迫するために起こる病気です。ガンとは違って良性の増殖ですので生命にかかわるような病気ではありませんが、ほうっておくと尿閉といって尿が全く出なくなることもあります。


【第1病期(膀胱刺激期)】

 夜間にトイレに行く回数が多くなる、尿の勢いがない、尿がすぐ出ない、少ししか出ない、時間がかかる(排尿障害)などの症状が出てきます。

【第2病期(残尿発生期)】

 尿をした後もすっきりとせず残っているような感じがする(残尿感)といった症状が出てきます。


【第3病期(慢性尿閉期)】

 昼夜を問わずトイレに行く回数が増えて、排尿にかかる時間が長くなり、一回の排尿に数分かかるようになります。時には尿が全く出なくなってしまうこともあります(尿閉)。

 


 

前立腺肥大症の検査と診断

 前立腺肥大症は、男性であれば誰でもなる可能性があります。50歳を過ぎて尿の出が悪いと感じたら、一度泌尿器科の検査を受けてみてください。
 前立腺肥大症の診断には、一般的に次のような検査が必要です。

問診
自覚症状としての排尿障害の程度や、他の疾患との鑑別をするため、既往歴などを詳しく聞きます。
尿流量測定
他覚所見として、排尿障害の程度を数値化して表します。
直腸診
前立腺の大きさ、硬さ、表面の状態(なめらかさ・凹凸)がわかります。
超音波診断
前立腺の腹側の状態、残尿のおおよその量も推定できます。
血液検査(腫瘍マーカーの測定)
腫瘍マーカー検査は前立腺ガンとの鑑別のために行ないます。


 また、前立腺に関係する症状(尿の勢い、排尿回数、尿が残った感じなど)を点数化して前立腺肥大症の重症度を確認する「I-PSS(国際前立腺症状スコ ア)」という質問表が診断の際に使われており、一般に7点以下が軽症、20点以上が重症とされています。

 
全くなし
5回に1階の割合未満
2回に1回の割合未満
2回に1回の割合
2回に1回の割合以上
ほとんどいつも
最近1ヶ月間、排尿後に尿が残っている感じがありますか。
0点
1点
2点
3点
4点
5点
最近1ヶ月間、排尿後2時間以内にもう一度行かねばならないことがありましたか。
0点
1点
2点
3点
4点
5点
最近1ヶ月間、排尿途中に尿が途切れることがありますか。
0点
1点
2点
3点
4点
5点
最近1ヶ月間、排尿をがまんするのがつらいことがありましたか。
0点
1点
2点
3点
4点
5点
最近1ヶ月間、尿の勢いが弱いことがありましたが。
0点
1点
2点
3点
4点
5点
最近1ヶ月間、排尿開始時にいきむ必要がありましたか。
0点
1点
2点
3点
4点
5点
最近1ヶ月間、床に就いてから朝起きるまでに普通何回排尿に起きましたか。
(0回)
0点
(1回)
1点
(2回)
2点
(3回)
3点
(4回)
4点
(5回以上)
5点

 
スポンサーサイト



  1. 2010/01/26(火) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する