FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

今日は、永遠のテーマ「何のために学ぶのか」の記事をご紹介
http://www.toyokeizai.net/life/rec_online/success/detail/AC/cc4e2005dcfb9dd3c259efa5fe6a3259/

 今回はこの問いに対して考えてみたい。
 学生時代に何を学ぶか、人によって選ぶテーマはさまざまだ。将来のキャリアを考えて必要な学問をしっかりと積み上げる人もいれば、興味・関心の赴くままに学ぶ人もいるだろう。何のために学ぶのか、それをしっかり考えることで、学びはより実りのあるものとなる。

●将来をすべて見通して学ぶことは難しい

 Apple社のCEO、スティーブ・ジョブズは「学ぶこと」の難しさとすばらしさを次のように表現している。

 先を見通して点をつなぐことはできない。後から振り返ってつなぐことしかできない。だから将来何らかの形で点と点がつながると信じなければならない。

 これは、スタンフォード大学の卒業式での有名なスピーチの 一節だ。ジョブズは大学の講義に興味が持てず、入って半年後には中退した。その後は、自分自身の興味・関心を満たすためだけに学ぶことを決め、カリグラ フィ(文字装飾)の講義にモグリで参加することにした。それが将来役に立つとは思ってもいなかったようだが、マッキントッシュを設計しているときに講義で 学んだことが急に脳裏によみがえってきたという。これらを設計に盛り込み、マッキントッシュは美しい印刷技術を持った世界で初めてののコンピューターとな り、爆発的に売れた。

 「将来をすべて見通して学ぶことは難しい。しかし学んだことや経験したことの意味がつながる瞬間が将来訪れる。それを信じなければならない」とジョブズはいう。

 このエピソードの意味するところは2つある。
 1つは、何のために自分が学んでいるのか、つねに問いたださなければならないこと。もう1つは、学んだことは将来必ず意味を持ってくると信じることだ。

●学ぶことで得られる4つの効用

 何のために学ぶのか。この問いに答えるためには、学ぶことによって得られる効用をしっかりと認識することが大切だ。私が考える効用とは、大きく分類すると以下の4つだ。

1.学ぶことそのものによって得られる喜び
 ジョブズにとってのカリグラフィがこれに当たる。学ぶこと自体が楽しければ、学習効果は飛躍的に高まるし、学んだことの意味が繋がる日も早く訪れることだろう。
 学ぶこと自体が楽しくない場合は、思い切って興味・関心のある分野に学ぶ方向を変えるか、あるいは喜び以外の効用を見つける努力をすべきだろう。

2.将来役立つ知識・技術を得る
 自分の将来の仕事と学んでいることを関連付けて考えることができていれば、学ぶことの意味を考えて戸惑うこともなくなるだろう。
 その場合、意識しなければならないのは、「工学部だからメーカー」というように、今学んでいることによって、将来の仕事を限定するのではなく、就きたい 仕事を自由に思い描き、その仕事で自分が学んでいることをどう生かせるか考えることだ。もしかしたらあなたが学んだことはその職についている人の中で一般 的ではないがゆえに、ユニークな成果を残せるかもしれない(カリグラフィがコンピュータの設計に役立つなんて考えた人は当時誰もいなかっただろう)。

3.学んだことを示すシグナルを得る
 資格や学歴などがこれに当たる。シグナルがあれば、自分の専門や得意分野を示すのに説明は少なくて済むし、特定の職業や仕事に至っては、シグナルを得て初めて就くことを許される場合もある。
 ただ、気をつけなくてはならないのは、シグナルを得ることと、職を得ることは別の問題ということだ。組織はシグナルだけでなく、後に述べる本人が身に付けた思考力・行動力も合わせて見ているからだ。

4.学ぶ過程で得られる思考力・行動力・交友関係
 これは、学ぶことで得られる最も重要な効用だ。関連する文献を調査し、仮説を立て、検証する。また、論考や実験の結果を周囲にわかりやすく伝える。こういった学ぶことを通じて得られる思考力や行動力、交友関係は、仕事にも人生にも役に立つ。
 思考力や行動力・交友関係を身に付けるためには真剣に学ばねばならない。ある学生は、国際金融に関する専門的な研究をするために特殊なコンピュータが必 要だったため、多額の予算獲得を学長に直接掛け合ったそうだ(実際にその願いはかなえられた)。また、そのコンピュータを有効活用するために、研究室の枠 を超えたサークルを作り、自主的な勉強とケーススタディに取り組んだという。真剣に学ぶことは、多くの思考や行動、交友関係を伴なうものだ。

 以上、学問することによって得られる効用についてまとめてみた。学ぶことで得られる効用は1つ、2つに限定されるものではない。 自分は何のために学ぶのか。定期的に自分に問いただし、全力で学んでいただきたいと思う。
スポンサーサイト



  1. 2010/02/19(金) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する