FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

カーリングにはまる!?

負けてしまった、カーリングの「チーム青森」ですが、結構放映される回数が多かったこともあり、テレビをよく見ました。カーリングって奥が深く面白いですね! ちなみに、日本女子はの世界ランクは9位らしいのでよく健闘したと思います。

少しルールが分かってきたのでおさらいです。
 カーリングは16世紀スコットランドが発祥の地とされ、フェアプレーの精神を大切にする、知的で奥の深いスポーツです。
「氷上のチェス」あるいは「氷上のビリヤード」とも呼ばれています。 また投げられたストーンが氷の上をクルクルと回転しながら滑っていくところからカーリング(Curling=巻くこと)と呼ばれるようになりました。

カーリングの競技は、「スキップ(主将)」「リード」「セカンド」「サード」の4人1チームで行います
スキップの指示によってリード、セカンド、サード、スキップの順で相手チームと交互にひとりが1個づつ2回氷の上を滑らせます

2チームでストーン16個を投げて1エンド(1回戦)
正規にはこれを10エンド(10回戦)行い、競技時間は約2時間40分かかります。(1エンドは約15分)

☆得点は両チームがストーンを投げおわった時点で決まります。
ハウス(円)の中心に最も近いストーンのチームがそのエンドの勝者になります。 勝ったチームの得点は相手のチームのストーンよりさらに中心に近いストーンの数だけ得点となります。(相手チームは0点)

スポンサーサイト



  1. 2010/02/24(水) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する