FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

鈴鹿で盛り上がる!

 先日の技士会で、金沢の岡本技士がシビックN1で鈴鹿で本格的にレースをしていたと言うことで盛り上がりました。プチ草レーサーだった私も、ロードスターとインプレッサで3回ほど走行した経験がありますので、大いに楽しめました。
challengecup07.jpg
写真は、N1シビックの例

suzukabig.gif

コース図を見て、走り方を解説します。(素人なのであまり参考になりませんが・・・)
まず、1コーナーです。フルブレーキ後、嘘のようですが、2コーナーまでにストレートが存在します!S字は、ともかく難しいです。
 そして、逆バンクからダンロップにかけて、コーナーを曲がりながらシフトアップが必要です!そして、デグナーの手前ですが、外から見たら結構曲がっていますが、攻めればストレートです!デグナーも90度曲がっていますが、結構なスピードで曲がれます。
 ヘアピン後も
コーナーを曲がりながらシフトアップが必要です!スプーンはよく分かりません!西ストレートは、めちゃ長いです。そして、恐怖の130Rを超えると、シケインです。シケインは結構登り坂になっていて、すぐ近くまで道が見えません。
 私のタイムは、2分35秒くらいだったと思います。流石に世界のサーキットだけあって、面白さバツグンです!!まだまだ、攻めれるのでしょうが、奥は深そうです。ちなみに、コースレコードは、シューマッハの1分28秒です!!!



岡本技士は、国際C級ライセンスを持っていたとのことなので、「ライセンス」について調べてみました。日本ではJAFによって発給されており、各カテゴリーに分かれています。


スーパーライセンス
・・・F1グランプリに出るためのライセンス。
Aライセンス・・・FIA国際F3000選手権やCARTチャンピオンシリーズなどに出るためのライセンス。
Bライセンス・・・フォーミュラ・ニッポンやル・マン24時間などに出るために最低必要なライセンス。
Cライセンス・・・ダカールラリーやWRCなどに出るためのライセンス。
国内A級、国内B級

国内A級ライセンスを取得し、レースの実績を積んでゆくと、国際ライセンスへステップアップすることができます。国際ドライバーライセンス(A・B・C)には講習会は無く、全てイベントの出場回数や実績(成績)を重ねて取得することになります。
結構、いいところまでいっていたようです!!
スポンサーサイト



  1. 2010/03/09(火) |
  2. カート・バギー
  3. | コメント:1

コメント

鈴鹿かぁ。
一度走ってみたいですね。
因みに私は、牽引のライセンスを考えています。
ちょっと話しがずれてきましたね。

さて事業仕分け第二弾の記事で、財団法人医療機器センターが仕分け対象に乗りそうだと。
臨床工学技士の国家試験をはじめ、透析技術認定士や呼吸療法認定士等何か影響ありますかね?
今年は医療機器安全講習会に、参加しようと考えてたのに。

天下り団体だとわかっていましたが、このような形で出るとやる気がなくなります。
  1. 2010/03/09(火) |
  2. URL |
  3. Rudy #QfNYz.PI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する