FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

アトムに物申す!

今日は、保育器の酸素濃度確認方法を変更したアトムメディカルに物申すです!!
以前は、酸素濃度の校正を実施するだけでしたが、高酸素濃で使用中に校正すると実際より酸素濃度が低くなってしまう可能性があるので別の酸素濃度計を使って確かめように注意文書がきました。早速当院では看護スタッフでも出来るように下記のようなマニュアルを作成しました・・・・・・
IMG_0023.jpg
まず、酸素濃度計の21%校正をします。次に、図のように酸素濃度計の先端を保育器の中に入れ、何%であるか測定します。
そして、保育器の酸素濃度表示を見て±1%以内ならOKとしました。

IMG_0024.jpg

が、一般的には、NICUに臨床工学技士がいない施設も多々あります。この内容を羅列した文書だけで理解するとなると結構難しいです。メーカーは、使用者(看護師)に解り易い図入りの説明書で説明する必要があるのではないでしょうか!?
スポンサーサイト



  1. 2010/03/26(金) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する