FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

内視鏡手術の画像を向上!

内視鏡手術にとって画像の良悪が重要である。
当院はオリンパスのS7システムを使用しておりましたが、満足のいくものではありませんでした!ハイビジョンシステムもありますが、画像的には、微妙に満足がいっていない施設も多いのではないでしょうか

ともにゃんは、この問題は、CCDカメラの画素数やハイビジョン化よりも液晶モニタの影響が大きいと睨んでおりました。
そして、ついにこの問題を解決する液晶モニタを導入しました。それは、ストルツ(中身はNDS社製=アメリカの医療用モニタのメーカー:日本法人もあり、直接の購入も可能)の26インチモニタです。オリンパスからも26インチ(中身はパナソニック製)が発売されましたが、画質はもう1歩です。ただし、ボタン1つで画像を回転させることができるため食道の手術等には有用です。画質でお悩みの方はぜひお試しください・・・・・
IMG_7076.jpg
スポンサーサイト



  1. 2010/04/07(水) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する