FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

くも膜下出血の致死率は?

巨人の木村拓也内野守備走塁コーチが7日午前3時22分、くも膜下出血のため広島大病院で死去した。37歳だった。

それでは、くも膜下出血(以下SAHと略します)の致死率はどれくらいでしょうか?
原因は一般的には脳動脈瘤破裂な訳で、手術と しては破裂した動脈瘤の根元をクリップで挟んでしまうというものです。

SAHはおおまかに言えば、1/3が死亡、1/3が後遺症が残る(手術後の後遺症として麻痺等が出ます)、1/3が完全に社会復帰可能という感じです。も ちろんこれはその人のSAH発症時の状態によります。例えば「家族が外出から帰ってきたら本人が倒れていて意識不明」な状態で救急車で搬送されたとかなら ば、適切な治療がなされても完全な社会復帰はまず無理です。「なんとなく頭痛がするので病院に行ったらSAH」だったなら術後合併症(主に脳血管攣縮)を 乗り切れば社会復帰可能となるでようです。

一般的に、脳出血は急性期は命がけでも助かれば予後良好、脳こうそくは慢性化しやすく予後不良、というイメージはあります。

くも膜下出血のように、発症したら3分の1が死亡する場合もありますけど、高血圧性脳出血は比較的に小さいし致命率も低い。脳こうそくは、詰まった先の脳が全部死ぬので、命はとりとめても、重い後遺障害は残りやすい。ちなみに、血栓溶解剤の適応は発症3時間なので、睡眠中の発症ならアウト。

スポンサーサイト



  1. 2010/04/08(木) |
  2. 未分類
  3. | コメント:1

コメント

数日前に、手足がしびれて、生まれて初めて、立てなくなってしまい、私も脳の検査をして頂きました。
木村拓也さんのこともあってか、当院の脳外科の迅速な対応で、大丈夫でした。
気をつけないといけないと痛感致しました。
木村拓也さんについては、びっくり致しました。
  1. 2010/04/13(火) |
  2. URL |
  3. BOKUKA #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する