FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

トップがぶれると、やる気もブレる!?

政府・民主党の政策決定が、またしても混乱している。

  21日夜に開かれた政府・民主党の首脳会議では、小沢幹事長が「無料化と言っているのに料金が上がっては、選挙民に説明できない」と発言。この一言に、鳩山首相らが事実上、押し切られた。

 確かに、国交省の見直し案は、値上げありきで問題が多い。しかし、もとはといえば民主党が昨年末、高速道路の建設促進を政府に強く求めたのが始まりだ。 財源確保に窮した政府が、2・5兆円ある料金割引の原資に目をつけ、このうち、1・4兆円を建設費に回すために考え出したのが実態である。

 国交省にすれば、民主党の要請に応じたのに、再び参院選対策を理由に拒否された、ということになろう。政府・民主党は、こうした迷走をいつまで続ければ気が済むというのか!!!



首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」の偽装献金事件で、政治資金規正法違反に問われた首相の元公設第1秘書・勝場啓二被告に対し、東京地裁は禁固2年、執行猶予3年の判決を言い渡した。

 首相は「秘書に任せていた。わからない」を繰り返した。それでも、世論の批判や野党の追及に、12月には「検察の解明が終わった段階で、知りうる事実をすべて国民の皆さんに説明したい」と述べた。 先月には「裁判が終わった暁には(検察に)書類の返還を求め、皆様方に見ていただきたい」と具体的な説明方法にも言及した。

            ↓

 しかし先日の党首討論では一転、「資料を出す必要はない」と答弁を翻した。これには驚きを通り越して、怒りを覚えた国民も多かったのではないか。 前言はすべて嘘だったのか。首相はただちに調査を開始して、巨額資金の使途を可能な限り国民の前で明らかにすべきだ。

 首相の責任逃れの姿勢やブレは、民主党(政治)に対する国民のイメージを大きく損ねている。

一方の自民党も迷走しっぱなしである。そういう意味では小泉時代は、分かり易くてよかったと思う今日この頃である。やはり、トップの人は、ブレてはいけません!誰かさんにも聞かせてやりたいものである!!!


スポンサーサイト



  1. 2010/04/23(金) |
  2. つぶやき
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する