FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

日臨工学会に行って来ました2

 今日は、日臨工学会の特別講演「トヨタ生産方式の本質と進化」の個人的に感じた要点についてご紹介します。
 トヨタの生産方式は、自動化とジャストインタイムにこだわっているということでした。これは、創業者の精神から脈々と受け継がれているものであるそうです。まず、自分の部署は問題ないと思い込んではいないか?改善・改革し続ける仕組み作りが大切であるとのことでした


・病院のレイアウトは何を基準にしたレイアウト?スタッフ?それとも患者
客は最悪値で評価する。平均待ち時間が少ないからといって満足していないか?
・トラブルが起こった場合、現場で解決することが重要!!
・リアルタイムでトラブルの原因が分からなければいけない



スローガンは、みんなの方向性を決める上では重要だが、目標は、具体的に立て評価できるまで内容を細分化させることが重要であります。自分の仕事がリアルタイムで見えることが重要でそのためには時間を使ってでもレーダーチャート等の評価ツールで仕事の評価をすることが部下を育てる近道となるとのことでした

スポンサーサイト



  1. 2007/05/15(火) |
  2. 学会・勉強会
  3. | コメント:2

コメント

追い風…

「自分の部署は問題ないと思い込んではいないか?」これは病院ではよくあることです。内科病棟と外科病棟、小児科、整形、婦人科等、各部署は専門性がちがうため他部署を理解しようとしません。ここで我々臨床工学技士の出番です。我々は院内全体にわたって業務しています。医療安全業務ではリーダーとなって活躍できる職種です。どんどんアピールしてがんばりましょう。
  1. 2007/05/15(火) |
  2. URL |
  3. ossan #-
  4. [ 編集]

ossanさんいつもコメントありがとうございます。
自分や部下の仕事がリアルタイムで見えることが重要ですが、私にはそのためのスキルがありません。亀田病院では、全職員がリアルタイムに自分のBSCが評価できるシステムがあるそうですが、何かよい方法はないものでしょうか?このへんが今後の技士会の課題でしょうか?
  1. 2007/05/16(水) |
  2. URL |
  3. ともにゃん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する