FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

スーツを購入

 伊勢神宮参拝旅行のために、スーツを買いました!!完全夏物を持っていなかったので、クールスーツなるものを「はるやま」にて購入
1107778876-15_4.jpg
なるほど、向こうが透けて見えますわ!涼しいです!半額で28000円なり!

2着目1000円セールが気になったので、計算してみます。
定価52000円が半額券(年中広告に入っている)を利用で、26000円
2着買ったら、52000円+1000円で53000円÷2=26500円、500円高いのでは?少なくとも2着必要ではないので、得ではないですね!?

まあ、一般的には、下記のようなカラクリのようだ!
「スーツ2着目1000円」で販売するような紳士服専門店が少なくないが、いったいどのようなビジネスモデルになっているのか。 しかしこのような破格の値段でスーツを販売してしまって、原価割れしないのだろうか。実はこのビジネスが成り立つには2つのカラクリがあるようだ。

  まず1つが、販売コストの分散。折り込みチラシやテレビCMなどの広告宣伝費、店舗の家賃や店員の人件費などは、1着でも2着でも変わらず発生するもの。 そのため販売点数が増えれば増えるほど、1着あたりの原価は下がってくる。売れ残ってしまえばただの在庫となってしまうので、1000円という低価格でも 売れた方がいいのだ。

 そしてもう1つのカラクリが、「直接的内部相互補助」というマーケティング。これは一方の商品を激安にすることに よって、最終的に商品を買ってもらうことを期待したもので、消費者の気を引くためのマーケティング手法だ。この場合、あらかじめ2着セットで売ることを前 提にコスト設計されている。そのためキャンペーンではなく、一年中「2着目1000円」で販売している店では、スーツを1着だけしか買わない場合でも、他 のクーポンを利用することによって、結局安く購入できることが多い
スポンサーサイト



  1. 2010/06/28(月) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する