FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

同じマンパワーを使うならどちらが有益か

今日は、最近私が得意にしているバランス図での解説です。
テーマは、同じマンパワーを使うならどちらが有益か??です。

定期点検に1台30分かかるとします。
日常・返却点検ですと、1台5分なら30分で6台の点検が可能です。

当院では、定期点検で故障(バッテリー劣化や外装破損)を発見することよりも返却時の点検や病棟からの報告で発見することが多いです。
同じマンパワーを使うならどちらの点検が有益か?と言いますと、要はバランスだとは思いますが、点検に従事している人員が多ければ、定期点検でもよいでしょうが、人員不足の中で考えると、日常点検の回数を増やすほうが機器の異常を発見できる確立が高いと思います。

ましてや、何も点検出来ていない機器があるのなら、時間をかけた定期点検を実施するより、多くの台数の日常点検を実施した方が、安全な機器を提供するためには重要な気がします。

2010071.jpg
スポンサーサイト



  1. 2010/07/01(木) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する