FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

対年数と耐用期間

 最近機器管理ネタが少なくてすいません。今日は、耐用期間について勉強です。

IMG_1213.jpg

これは、ACH-Σの案内ですが、5年目と耐用期間終了時の7年目にお知らせしてくれるとは丁寧です。

耐用年数
  大蔵省令に基づいた減価償却資産の耐用年数からきているもの。税法上の考え方に基づく。


耐用寿命
  物理的、経済的、医療技術的、企業戦略的な種々の条件によって、結果として当該機器が使用できなくなる期間。


耐用期間

薬事法上の用語。 当該機器の標準的な使用状況と標準的な保守状況の中で、消耗品等を交換したり、修理・オーバーホールを繰り返したりしても、その機器の信頼性・安全性が目標値を維持できなくなる予想される耐用寿命。

耐用期間の設定方法には統一された基準はなく、各社の自己基準で設定されます。

耐用期間を超えた製品は使えないわけではありませんが、耐用期間を超えての使用は、故障が起きやすくなる可能性があり、医療事故につながるリスクとなります。耐用期間 を過ぎた医療機器は、適切な保守点検の上でも、当初の性能を維持し続けるには限界があります。安全のためにも、耐用期間を過ぎた医療機器は、計画的にでき るだけ早めに更新されることをお勧めします。

--------------------------------------

耐用期間は、一般的に7年程度の機器が多いですが・・・・・
標準的な使用状況と標準的な保守状況の中で、消耗品等を交換したり、修理・オーバーホールを繰り返したりしても、その機器の信頼性・安全性が目標値を維持できなくなる予想される期間で7年っていうのはちょっと厳しすぎる気がします。耐用期間を過ぎて使用する場合は、車検のように点検を必須とし、合格すれば、さらに2年間使用できるってのが現実的でよいのではないでしょうか!!
スポンサーサイト



  1. 2010/07/22(木) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する