FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

職能団体ってのは自分達の為に!

先日のtaka様のコメントは重要な課題だと思いましたので、折角なので技士会活動を考えてみたいと思います。


 確かに「職能団体」ってのは「結果、自分達の為」が分かっている人は、会全体からすると少数であるとは思います。会員になってもメリットが無いってよく言われますもの・・・・・ 特に入会していない人に~
 やはり、自分のためって判るには、企画側として参加して皆と苦労して、結果が伴い(自分にとってメリットがあり)、しばらく継続して判るものではないでしょうか?? まあ、昔の私も無理やり誘われて、しぶしぶ参加し、技士会活動をはじめた部類ですが・・・・
 また、技士会にどう溶け込んでいけばよいのか、手段がわからない人も入ると思います。この辺は、会としては、来る物拒まずって感じですから、参加したい人は、その旨を言ってもらえれば大歓迎です!!


因みに技士会を学校にたとえると、理事は、主任教師、委員は教師、一般会員は生徒って感じでしょうか??つまり、一般会員は、基本的に受身側のような気がします。全員同じ立場(偉さ)であるとは、思っていないような気がします。
  
同じ立場なのに、一般会員から見たら理事は:
偉いとも思うのでしょうが、実際は、えらい(しんどいの意味)ですね! 同じ「えらい」でもエライ違いですわ・・・ (^0^)でた~オヤジギャグ、サクレツ

さらにひねくれた見方(昔の自分のイメージ)をすると、昔の技士会は勉強会もそんなに無かったので、理事は名誉職?もしかしてお金儲かるのかな?委嘱委員ってそんなんあるの?何してるの?・・・・・会員としては、総会ぐらいには参加しておこうかなって感覚だったような気がします。(これでも普通か少しマシな感覚でしょうか?)


 それにしても、不思議なことに学生時代に一番こういった活動に無縁?だった、我々がこんな議論をしているとは・・・・・先生が知ったらどんな感じでしょうか??一度感想を聞いてみたいものです! とりあえず、元静岡県会長と現兵庫県副会長様、コメントお願いします!!
スポンサーサイト



  1. 2010/08/02(月) |
  2. 技士会
  3. | コメント:4

コメント

いやいや...

何で学校に例えてるのさ...(爆)
会社で例えてや!!おたくも社団化してるんだから...(笑)
ってかアータが書いてるメリットは、表側だけやな。(汗)

> 会員になってもメリットが無いってよく言われますもの・・・・

上記とか聞くと、やっぱ職能団体の意義が伝わってなく思います。(汗)
思いっきり「単なるお客さん」やな。(笑)

何でCEには定員が無いのか。(国公立の正規職員数を考えれば簡単かと)
何でCEには国公立の輩出校が無いのか。
何で業務指針が20年間も殆ど変わらなかったのか。
何でCE関連の保険点数(診療報酬)があんま付かないのか。

上記を変えるには、どうしたら良いんだろね???
職能団体に力が無いと、何にも変わらないどぉ~!!!(泣)
上記なんてCE各人に直結してるんだけどね!!??
(給与や雇用にも直結やのにな。)
「メリットが無い」って言ってる人が、自分の首を絞めてる事に気付いて欲しいわ。(汗)

因みによく定款で書かれてる「この法人」ってのは、=誰の事なん??? 理事なん???(核爆)
  1. 2010/08/02(月) |
  2. URL |
  3. taka様 #-
  4. [ 編集]

taka様、あいかわらず厳しいですなー(笑

>何で学校に例えてるのさ...
私には会社に例えれませんでした。学校のほうがピッタリくると思うのですが・・・・・(汗

職能団体の課題で、
 何でCEには定員が無いのか
 何でCE関連の保険点数(診療報酬)があんま付かないのか

ってのは、確かに問題ですが、会員数と歴史と時代が違う感じがします。医師・看護師 100年、検査・放射線 60年、臨床工学技士は高々23年ですし、医療職の中では1%の人口ですので、行政・政治家からすると、無視できる数字ですわ!だからこそ、職能活動が大切なんですが・・・(汗

まあ、時代が違う・・・何て後ろ向きな考えではいけないとは思うのですが・・・・・日臨工のシンポで職能関連のテーマがないのは問題だと思いますね!
  1. 2010/08/03(火) |
  2. URL |
  3. ともにゃん #-
  4. [ 編集]

Wiki抜粋

職能団体:職能団体(しょくのうだんたい)とは、法律や医療などの専門的資格を持つ専門職従事者らが、自己の専門性の維持・向上や、専門職としての待遇や利益を保持・改善するための組織である。同時に、研究発表会、講演会、親睦会の開催や、会報、広報誌などの発行を通して、会員同士の交流などの役目も果たす機関でもある。

上記で行くと、
誰の組織??→専門職従事者らの組織=会員の組織
何をする組織??(目的)→自己研鑽&待遇や利益を保持・改善&交流

「会員に成ってもメリットがない」って思われている現状を改善する為には、「職能団体(技士会)の意義」の広報なども重要な部分なんやろね!??

因みに上記では、誰が目的達成の為に事業を行うんだろね???
理事&委嘱委員???(笑)
会員(社員)が働かない企業って、成り立つんやろか???
(注:民法上の社員って意味ではなくね。笑)
  1. 2010/08/04(水) |
  2. URL |
  3. taka様 #-
  4. [ 編集]

taka様、色々ご教授ありがとう。

>会員(社員)が働かない企業って、成り立つんやろか???
→確かに一般会員は働かないというか働く気がない人が多いとは思います。技士会活動は、ですので、理事や委員がしんどい思いをしちゃっています。
「専門職としての待遇や利益を保持・改善するため」の認識が薄いため、広報や教育から変えていかないとかわらないのでしょうかねー?

給与は出ませんが、自分達に直接跳ね返ってくる事がメリット(レベル・スキルUPしかり、待遇面の改善しかり、各事業への参加が出来る事)に成ることが分かってもらえるようになるには時間がかかりそうですね。(悲
  1. 2010/08/05(木) |
  2. URL |
  3. ともにゃん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する