FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

配管バスポンプ

洗濯にお風呂の残り水を利用するシステムがあります。
普通は、バスポンプを使ってお湯とりユニットを毎回浴槽に入れる必要があるんですが、配管で出来るシステムもあります。
ぜひ装着したいところですが、17万円もしちゃいます。

今日は、17万円の価値があるかを検討します。

水道代節約のためにと、お風呂の水を使用すると、通常100L使用するところが15Lで済みます。

1回の洗濯では、
100Lの水(18円)
残り水ですと15L(2円)+ポンプの電気代2円で済みますので、14円お得となります。
  年間350回×14円=4900円
う~ん元を取るには30年以上かかりますね!!?

しかし、暖かいお湯を使う事で汚れ落ちもよく、服に付いた汚れや雑菌も落ち易いようです。
毎日の嫁さんの労働を考えますと、ここは機嫌取りに導入しちゃいますか♪


最新の洗濯機は、節水に大分力はいっています↓

水道水 水を循環させて節水

タテ型洗濯乾燥機で唯一、節水循環ポンプを搭載し、高い節水性を実現させました。

洗濯時標準使用水量 洗濯9kg時73L
洗濯~乾燥時標準使用水量 洗濯~乾燥6kg時約96L

お風呂の残り湯 [湯効利用]でさらに節水

水道水使用量 洗濯、洗濯~乾燥時 約15L洗濯にも乾燥にも残り湯を使える[湯効利用]なら、水道水使用量を約15Lに節水。今まで捨てていた風呂水年間約350杯分*1を洗濯~乾燥に使えます。

洗濯に使用する残り湯を除菌 注1

Ag除菌お湯取ユニット


スポンサーサイト



  1. 2010/09/06(月) |
  2. エコ・マイホーム
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する