FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

家が早く建つ

 家が早く建つには訳があります。ってことで少しお勉強
接合部に金具を使用すると木造でも上部で精度が高く、解体も簡単にできます。
セキスイなんかは、基礎工事と同時に建物を工場で作っちゃいますのであっという間に建ってしまいます!!


在来木造軸組工法の要である接合部を強化した新金物工法

金物工法とは在来木造軸組工法の一種で、接合金物により構造材の継手・仕口を構成する工法です。日本古来からの伝統的な住宅建築方法である在来木造軸組工法の特長を活かしながら、接合強度の向上・安定を計り、地震や台風などに対して、より強い住宅が実現します。
テクノスター工法

接合強度の要=[テクノスター金物]

Sマーク(性能認定制度)
テクノスター金物はSマーク(性能認定制度)の認定を取得しています。
※Sマークとは:金物の品質・性能を評価して認定する制度で、(財)日本住宅・木材技術センターにより認定されます。
メーターモジュール工法

施工精度を高める
柱や梁などの家の構造を支える木材の大部分は、予め工場でミリ単位の精度で加工します。これまでのよ うに現場での職人による手作業と違い、プレカットされた材料を使用するので精度のバラつきやミスがなく、現場での施工の精度を高めます。そのためテクノス ター金物の取付も容易で、ドリフトピンを貫通させるだけで高い強度が発揮されるのです。 施工精度を高める

工期も短縮。合理的な手法で施工を簡略化

プレカット工場で加工済みの資材を、現場で作業手順に従って組み立 てるだけなので施工時間も短縮。現場の各工程も資材の搬入から作業方法まですべてコンピューターにより正確に管理され、施工にムダがなく工期短縮を実現し ています。また工場での木材加工は資材のロスも少なく省資源化に貢献します。 施工を簡略化

実績は4倍以上伸び

在来木造軸組工法の強度をアップする金物工法は、木造住宅の工法として確かな技術として認められてきており、1997年には12,000棟だった金物工法が2003年の実績では4倍以上の54,000棟になり、在来木造軸組工法全体の約1割を占めるようになりました。 実績は4倍以上伸び

木のもつ頑丈さを引き出す

木材の接合部を複雑な形状に加工せず、最小限のカットでテクノスター金物を取り付けます。切りかきによる欠損部分が少なく、木材のもつ本来の強さが発揮されます。
軸組工法とテクノスター工法

接合部が強い

アイフルホームの「テクノスター工法」は、テクノスター金物の使用による接合部の強化により、地震や台風などで加わる外力に対して更なる強度を発揮。より高い住まいの「安全」と「安心」を提供します。
<短期許容耐力での比較>

テクノスター工法

スポンサーサイト



  1. 2010/11/10(水) |
  2. エコ・マイホーム
  3. | コメント:1

コメント

在来工法は職人の腕に左右されるのでプレカットに難があると
大変な事に・・・本物の大工が少ない現代には適している工法な感じがします。
  1. 2010/11/10(水) |
  2. URL |
  3. soysauce #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する