FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

臨床工学技士ですから客観的に

 病棟からの「この機械が何かおかしい??」という訴えには、我々臨床工学技士ですから客観的にお答えしたいものです。

いくつか有用な手段を考えて見ます。
 ・輸液ポンプのヒストリー機能・・・・・何時何分にポンプにどのような事象が起こったかを示すことが出来ます。
 ・心電図モニターの電波がおかしい・・・・リードの断線かその他の原因かをすぐに判定できます

その他ありますでしょうか?
スポンサーサイト



  1. 2010/11/26(金) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する