FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

新・ぶら下がり社員?

 臨床工学技士リンク集の管理人さんは、すばらしい情報網であるといつも感心させられます。そんなリンク集から面白い記事をご紹介します。

 会社は辞めない。でも頑張るつもりがない。職場を蝕む「新・ぶら下がり社員」が増殖する理由 

a012390.jpg
貴方の会社に、「何だか扱いづらい……」「何を考えているのかわからない」と周囲から評価されている、30歳前後の社員はいないだろうか? 仕事ぶ りは真面目、与えられたことはそつなくこなす。でも何となく覇気がなく、目にも力がない……。必死に頑張っている様子もうかがえない。そんな、どこかくす ぶっている感じの社員を「新・ぶら下がり社員」と命名したビジネス書が話題となっている。

 それが、『「新・ぶら下がり社員」症候群』(東洋経済新報社)だ。著者の吉田実氏は、人材育成プログラムを提供する企業の代表。新入社員からマネジャークラスまで、育成に携わった人数は実に6000名以上。年間100回以上はファシリテートを行なっている人物である。

 そんな吉田氏によれば、「新・ぶら下がり社員」の特性は以下の通りとなる。

◆辞めない。けど頑張らない
◆仕事は70%主義で、プライベート優先
◆失敗やリスクを極端に恐れる
◆自分の仕事は重要ではないという意識が強い
◆自己評価が低い
◆昇進を望まず、転職も希望していない

 ――彼らがそうなってしまったのはなぜか? それは、この世代のビジネスマンを覆う「諦め感」に起因していると、吉田氏は喝破する。まず自分を諦め、そして組織や未来をも諦めてしまうのだ。

 その理由は、どの企業でも20~30代が不足しており、50~60代は過剰に残っている現状にある。ポストも減っており、昇給もままならない。努 力しても報われないと無気力になり、ぶら下がりになっていくのだ。つまり「新・ぶら下がり社員」は、この社会の閉塞感が生み出したものなのである。

 かの論語には、「子曰く、吾十五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず」とある。孔子は、30歳で自己を確立し、独立したという。こ のように30歳というのは、社会人としての自立を果たし、自分の価値を発揮して社会貢献する段階に当たる。それなのに、未来さえ信じることができなけれ ば、待っているのは絶望だけだ。


スポンサーサイト



  1. 2011/02/17(木) |
  2. 人材育成
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する