FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

若い技士との交流

先週、先々週と九州と近畿の日赤技士の研修会に参加してきました。
やっぱり、色々な技士との交流はよいですね~!そこで感じたことを書きます。


近畿、九州とも技士数は少ない。近畿では、赤十字病院10施設で臨床工学技士数61名、業務量的にはマンパワー不足が顕著。これまで色々な施設を見てきましたが、技士数が多い施設には、ある特徴があります。

 それは、ある時期を境に臨床工学技士を好意的に見てくれる先生(副院長等)が現れ、当直等を契機に一気に人数が増えている施設が多いということです。人数が増えれば、それだけ悩みも出てきますが、やはり数は力です!

また、若手技士に目指すのは、「スペシャリスト」か「ゼネラリスト」と聞いてみますと、多くが
「ゼネラリスト」と答えたのには好感が持てました。若いうちは何事も経験が大事!それぞれの業務を経験してから自分と施設の都合に合った業務に進むべきだ!って意見も・・・

う~~ん!若いのにしっかりしてますぜ、親分!


スポンサーサイト



  1. 2011/02/17(木) |
  2. 技士会
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する