FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

「未完の円」

新人教育の季節です。
何回か紹介させてもらいましたが、今日は、再度、心理学で有名な「未完の円」というのを紹介します。

20070516090715.jpg
 
みなさんは、(A)(B)どちらが気になるでしょうか?
もちろん(B)ですね!?これは、人間は完全なものを求める習性があるからのようで、どうしてもかけている部分に気になって完全な円にしたいという願望があるそうです。


 人間は「足りている」所より「欠けている」所に目が行きがちなのです。だから新人に対しても出来ていないところを注意して改善したくなるのです。「褒めて育てる」とは実は円の中の足りている所に目を向けてあげるということなのです。教育にたとえると、指導者は出来てない所ばかりにを注意しちゃいますが、大部分は出来ているものです。ですから、注意された方はほとんど出来ているのに・・・・と思ってしまうものなのです。


 輸液ポンプの研修会では、プリセプターの方には、このお話をして少しでも褒めて育てるを心がけてもらえるようにお話しました。そして、新人には、怒られているのではなく、一生懸命教えてくれているってことを伝えました!


スポンサーサイト



  1. 2011/04/15(金) |
  2. 人材育成
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する