FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

呼吸療法学会

7/6に呼吸療法学会に行って来ました。
岡山大学の氏家教授の企画だけにマニアックで面白いものでした。

まず、千葉大の平澤先生の話から・・・・
急性肺損傷「VALI、特にBiotraumaを考える」がテーマで、
,volutraumaとよばれる肺容量負荷により,肺胞の過膨張を来し肺胞基底膜の損傷と間質や肺胞の浮腫が生じる.さらにbiotraumaとよばれ る,好中球の肺での集積と活性化を介した一連の炎症性反応を引き起こし,人工呼吸器関連肺損傷を生じることが明らかになってきた。
肺が損傷しているときに、乱暴な呼吸管理、特に高い圧力をかけるとサイトカインが大量に発生し、肺以外の部分にもばら撒かれ、全身のzepsis状況を要因しているらしいです。

この治療のため千葉大では、全症例サイトカインのIL-6(一番よい指標:CRPより48時間前に反応が現れるため)を測定し、カンファレンスで利用しているらしいです。これは、多くの病院にあるルミパルスという装置で1回2千円で計れます。驚くことに重症例では、サイトカイン療法として、ECMO+ダブルCHDF(PMMA)で治療していることです。
また、遺伝的にサイトカインを多量に発生してしまう人もいるようです。いずれにせよ、低吸気圧が重要であるとのことでした。・・・・続きは次回で
スポンサーサイト



  1. 2007/07/07(土) |
  2. 学会・勉強会
  3. | コメント:2

コメント

私も昨年千葉大の平澤名誉教授の講演聞きました。

サイトカインを多量に産制してしまうのは、白人に多いと言っていましたよね。

千葉大学は、PMMAを推しますよね。
和歌山大学はPMMA批判し、膜はなんでもいいんだという感じですよね。
管理人さんは、濾過膜の選択に対して意見をお持ちですか?

後ダブルCHDFってなんですか?
  1. 2007/07/09(月) |
  2. URL |
  3. Rudy #-
  4. [ 編集]

ダブルCHDFってのは、並列のCHDFのことです。プラスECAMがありますので、3本バスキュラーアクセスが必要らしいです!?
 個人的には、以前からPAN膜のCHDがよいと思っています。クリニカルエンジニアリングの昨年9月号に載っていた小野淳一さんの理論が一番よいと考えています。
  1. 2007/07/09(月) |
  2. URL |
  3. ともにゃん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する