FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

輸液ポンプを統一する

医療安全全国共同行動いのちをまもるパートナーズ(日本版100K キャンペーン)が20085 月より開始されている。この中で、有害事象を未然に防ぐ方法として、行動目標5に医療機器の安全な操作と管理について示されている。輸液ポンプの対策として推奨されている機種の統一に関してチャレンジしたので報告します


開始前の輸液ポンプの保有台数は177台、機種は4機種であった。そのうち機種統一のために更新が必要な台数は56台で1千万円以上の費用がかかることが分かった。安全性と購入年度から検討した結果、3年間で機種統一する計画を立てた。取り急ぎ費用をかけずに安全性を確保するためには、使用部署での多種混在をなくすことが有効であると考え、機器の再配置を部署ごとに実施し、多種混在を無くしつつ機種統一することとした。

 

機種を再配置した結果、1年間かけて中央管理機器以外(手術室・ICU・NICU・救急外来)のすべての部署において機種統一することが出来た。残った中央管理分についても順次更新し、3年間で機種統一することが出来た。

 

病院内のすべての輸液ポンプを一度に機種統一するとは難しいが、機器の再配置により、部署ごとに機種統一する(しばらくは、部署によって違う機種を使用している場合もあるがその部署では1機種のみである)ことは、安全性を高め経済的にも負担を減らすことが出来るものと思われた。

ちなみに機種はTE-161Sです♪みなさんも機種の再配置で部署ごとの機種統一にトライしてみてください!
スポンサーサイト



  1. 2011/06/10(金) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する