FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

降りのほうがはるかに辛い!

 急に暑くなりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
そういえば、横浜ではエレベーターが結構止まっていましたね!?もともと数が少ないのは、ラッシュの時にあぶないからだとは思いますが、荷物があるとエレベーター無しはこたえます。

 駅や各施設では、日中は節電のためエスカレーターを中止、降りのみの運転が多かったように思えます。
これは、理にかなっているようです。
昇りよりも、下りの方が節電になるそうです。そら~モーターの負荷を考えれば当たり前ですが、言われるまで???とおもっていました。また、高齢者や足腰の不自由な人にとっては、階段は「昇り」よりも「降り」のほうがはるかに辛いようですから・・・・


 たしかに、一般の人は長い階段を息せききって昇るのは辛く、階段はとんとんと降りるほうがはるかに楽だと思いこんでいる。運動生理学では、階段の昇りは息切れなど呼吸など生理学的負担はかかるが、降りは膝や腰に予想外な重い負担がかかかると言われている。

 階段の場合、降りは膝に体重の6倍の負担、昇りは呼吸など2倍の負担と、されるのが、運動整理学の常識となっている。鉄道の駅や施設の管理者には、そうした知識はなく、「昇りは辛い」と思いこんで、昇りエスカレーターだけ動かし、降りはすぐ止めてしまう。


スポンサーサイト



  1. 2011/06/24(金) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する