FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

磯野家の間取り

家を建てる時に一番大事なものは?という質問に一番多い答えが「団欒」です。広いリビング、ダイニングそしてオープンキッチンと団欒の舞台は揃ったのに、肝心な家族はバラバラで団欒がとれないと嘆く人も随分と多いのではないでしょうか。
http://allabout.co.jp/gm/gc/26692/ より

テレビでおなじみの「サザエさん」(磯野家)の間取りには、かつて日本人が最も大切にした「家族」という明確なメッセージがあります。昭和30年代の高度 成長時代から40年を経て今、再び個室重視型のプランから家族の触れ合いを中心とした開放的なプランが求められている傾向にあります。磯野家の間取りか ら、今に伝えるたくさんのキーワードを拾ってみましょう。

●磯野家DATA
住所:世田谷区桜新町
構造:木造平屋建て
面積:延床約32坪
特徴:2世帯住宅
家族構成:波平(59歳)/舟(54歳)/カツオ(11歳)/ワカメ(9歳)/フグ田マスオ(28歳)/サザエ(24歳)/タラオ(3歳)

▲「磯野家」の間取り。昭和30年前半までによく見られた間取りである
スポンサーサイト



  1. 2011/07/13(水) |
  2. エコ・マイホーム
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する