FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

「40歳の教科書」

「すたんど ばい ME」さんのページで 「13歳のハローワーク」が紹介されていました。
私は、同じような本ですが、

  13歳の進路  に興味を持ちました。

51275.jpg

村上 龍 (著)、はまのゆか (イラスト)

価格: ¥1,365 (税込)

『13歳の新路』「はじめに」より

進路は未来へとつながっている。できれば、親や教師や社会から「振り分けられ」「与えられる」のではなく、自ら「選びとる」という積極性を持ってほしい。 希望する高校に落ちたり、高校を中退してしまったり、専門学校に行く資金がなかったり、大学を出ても就職先が見つからなかったりしても、絶望してはいけない。 社会の中で生きのびる、つまりサバイバルしていくのは簡単ではないが、しかし、対応策がまったくないわけではない。 その対応策の可能性を探るために、この『13歳の進路』は作られている。

今、私が読んでいる本は、

41BVNF.jpg

「40歳の教科書」です。
すでにひねくれものに育った我が子ですが、少しでもまっすぐに育てるにあたってどのような姿勢でいればよいかを考えさせられる1冊です。でも、友達に「お父さんソックリ」って言われるので、それなりに育つんでしょうか!?


スポンサーサイト



  1. 2011/07/26(火) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する