FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

結膜炎にかかる!

 私、感染性結膜炎にかかってしまい、しばらく病院を休んでおりました。
ある大学病院では、流行し病棟閉鎖になったことがあり、即、休みなさい!という指示です。

しばらく、隔離っていうことで、実家に3泊させてもらいました。
そこで、久しぶりにおやじの生活を見ていて「おやじの偉大さ?」を感じました。
我がおやじは、村のKGBか?っていうほどご近所情報をしっているのですが、なぜだか分かりました。
それは、コミュニケーション能力が高いからです!
つまり、挨拶がバツグンで、会話・フォローの言葉も聞いていても実に気持ちのよいものでした。
昔は、ガンコ親父タイプでどっちかと言えば、その辺は不器用だったとは思いますが、見習いたいものです。

休みの間に時間がたっぷりあり、よい本に出会いましたのでご紹介します。

41r8.jpg
少し古い本ですが、評判に違わぬすばらしい本でした。「人を動かす」というと何か恣意的なものを感じますが、実際には、このように人と接していったらいいのではないか、ということがとてもわかりやすく書かれています。むしろ、それによって「人が(自然に)動かされる」という感じです。

相手の話を良く聞く、相手の立場になって考える、相手が重要だということを認める等、一見、まあそうだろうな、というタイトルが並んでいますが、 著名人を含めて、その時の様子がありありと目に浮かんでくるようなエピソードが豊富に盛り込まれており、大変説得力があります。とてもやさしい語り口で、 断定調の所は全くないのですが、かえって深く引き込まれてしまいます。この本で伝えたかったことを、この本自体で体現しているように感じます。
スポンサーサイト



  1. 2011/09/12(月) |
  2. 未分類
  3. | コメント:1

コメント

偉大!

確かに、KGBセンセは偉大です!!
帰る度に声掛けていただき、感謝しておりヤス!!!
  1. 2011/09/12(月) |
  2. URL |
  3. みかん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する