FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

ラジオ波焼灼療法は減るばかり!?

 ここの所、ラジオ波焼灼療法が減ってきました。当院でも200件以上であったものが、3割程度減ってきているのではないでしょうか?全国的な傾向のようですので、少し調べてみました!

www.c-kan.net/hepatitis-c/knowledge/04.html より

日本人の患者数とその特徴

日本には150万~200万人の患者さん、あるいはキャリアがいる

わが国でのC型慢性肝炎の患者さんは、肝炎症状のない持続感染者(キャリア)を含めると150万~200万人いると推測されています。年齢は40歳 代以上に多く、C型肝炎ウイルス対策が講じられる以前の輸血などの医療行為による感染が背景にあることを示しています。しかし医療機関で何らかの治療を受 けている人は50万人にすぎず、残りの100万~150万人の中には自分がC型肝炎ウイルスに感染していることに気づいていない人もいる可能性がありま す。厚生労働省が2002年から市町村の住民健診に肝炎ウイルス検診を加えたところ、1年間で新たに3万人のC型肝炎ウイルス感染者が発見されています。

年齢別C型肝炎ウイルス抗体陽性率

30歳以上の100人に1~3人がC型肝炎ウイルスに感染

(表)年齢別C型肝炎ウイルス抗体陽性率

肝がんの原因の80%はC型慢性肝炎

わが国の肝がんによる死亡者数は1975年以降急増しており、2004年には約3万2,000人が死亡し、肺がん、胃がんに次いでがん死亡の第3位 を占めるに至っています(女性では第4位)。そして肝がんの原因の約80%はC型肝炎ウイルス由来であることがわかっています(国立がんセンター がん対策情報センターによる「最新がん統計(2004年)」より)。

-------------------------------------------------------------------------------------

肝臓がんの初期治療にラジオ波焼灼療法が用いられます。
そして、グラフを見ても分かるように40代以下のC型肝炎の患者がぐっと減っていることが分かります。ですから、ラジオ波での治療も減ってくる訳です。今後も、減ってくることは明らかな状況です。よって、装置の開発もそんなに進まないとも思われます。


スポンサーサイト



  1. 2011/11/24(木) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する