FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

医療安全を保証する

岡山県臨床工学技士会に縁があって呼んでいただいた第3回OT3コラボセミナー(Okayama Technologists Cubic)の感想です。岡山県では、臨床検査技師会,放射線技師会,臨床工学技士会の3職種がいっしょになって開催しているすばらしい取り組みです。共通のテーマということで、今回は「医療安全」でした。

我々、臨床工学技士も医療安全への関与はまだまだですが、大きな可能性を感じました。なぜかと言いますと、病院内で部署横断的に物事を考えれる職種であるということです。検査や放射線は、医療安全管理者で無い限りそうはいきません!やはりやりがいのある仕事って意味では活躍できる場となりえます!これからの病院は、やっぱり「医療安全を保証」するレベルまで引き上げないといけません。そういう気持ちを1人1人がもち、風土を作っていくことが選ばれる病院になる!って感じにぶち上げて参りました。聞かれた岡山県のみなさまいかがだったでしょうか?
 また、用度課長になっている後輩がいたことに感銘しました。この分野もやりがいのある仕事で、事務系の人とは違った発想で、医療のこともわかりますので強いです。私個人的には、器械出しよりもこういった事務系で病院に貢献するってのが今後の我々の方向ではないかな~って感じています。


さて、兵庫県でも他職種での勉強会を開催しています。我々臨床工学技士会は8年程前より加えていただいておりまして、組織運営の方法とか県との繋がりについて色々教えてもらえるようになりました。今年は、2月25日にありますので、ぜひご参加ください。テーマは「災害~私たちにできること」で、当会からは、水道水の放射能汚染のことで楢村さんが報告いたします。

日時:平成24年2月25日(土) 13:30~16:30(受付 13:00~)
会場:兵庫県看護協会 会館 2階 ハーモニーホール
https://www.hna.or.jp/kenshu/forum/39.html

スポンサーサイト



  1. 2012/01/16(月) |
  2. 技士会
  3. | コメント:2

コメント

土曜日は…

お疲れっした。
後援が予想外に上達してて、ちと驚き!!??(笑)
ってかアータが書いてるように、「CEは組織横断に適した職種」との認識は共通です。
意外とMT・RTは当院でも、守備範囲が狭い&指示待ちの傾向が強いと感じています。
Nsは元々守備範囲が広いのですが、最近ではチーム医療が進み、Phやリハ系、栄養士も守備範囲の拡大が見られます。特に急性期施設ではDPCも絡み、入院期間の短縮のため全身状態改善への取り組みが盛んですから、業務の細分化は至極当然の流れかと。MSWもかなり業務量が凄いしね!!??(メンタルが心配になるわ..(汗)

用度課領域に関してはアータや俺もだけど、意外とCEに近い領域かと。
某大学病院では「修理担当窓口」として、CEが用度課に加わっている方も居ますし...
事務側では理解できない医療機器に関する臨床との橋渡しを、導入から廃棄に至るまでコストも含め管理できる立場で当院でも行ってます。(判子を握ると強いしね♪含笑)
我々CEも他部署に負けず組織横断に対して、臨床面は当然、他領域でも積極的な関与が必要やね♪
(権限を貰うと責務が増えるのが難儀やけど...失笑)
  1. 2012/01/17(火) |
  2. URL |
  3. taka様 #-
  4. [ 編集]

講演、上手くなっていたでしょう!?
色々参加する機会も増えていますし、講師としても多く呼んでもらえるようになりました!
昨年は、学会2件、講演・シンポジウム4件させていただきました。みなさんも呼んでくださいね~♪
  1. 2012/01/17(火) |
  2. URL |
  3. ともにゃん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する