FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

 中央管理の輸液ポンプの電源コードって2種類の運用方法があると思うんですね

 1、輸液ポンプにきれいに巻きつけていっしょに貸し出す
 2、輸液ポンプとは分けて別に貸し出す(どの電源コードでも形状は同じため)

当院は、輸液ポンプがかさばるのが嫌で2の運用なんですが、デメリットもあります。
それは、シリンジポンプに利用した場合、少し接続が緩くなることなんです!
見た目の形状は同じなんですが、実は、微妙に差し込み口の太さが違うんですね!?
それに、電源コードって結構、汚れたり痛んでいるものなんです。

IMG_1620.jpg
と、言うわけで、毎年20本以上購入し、痛んでいるのと交換しているのです。
個人的には、電源コードは3年で交換した方がよいと思うのですが、いかがでしょうか?
スポンサーサイト



  1. 2012/01/23(月) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:3

コメント

久々にコメントさせていただきます(^^;
当院でも2の運用方法です。
返却時には清掃と目視点検を行い、
次の貸出しに備えます。
(この点については見直しをしなければと
考えています。)
コード自体の交換については、期間を決めず
明らかなプラグ破損や被服の破れ等が
あった場合に交換を行います。
ともにゃんさんの施設では、電源コードにも
管理番号をふって購入時期等の情報管理を行われているのでしょうか?
  1. 2012/01/24(火) |
  2. URL |
  3. ヌンチャク #-
  4. [ 編集]

電源コードには、
管理番号をふってませんし、購入時期も把握していません。ただし、色や見た目が少し変わっているので、購入時期はだいたいわかります。全く一緒なら考える必要があるかとも思います
  1. 2012/01/25(水) |
  2. URL |
  3. ともにゃん #-
  4. [ 編集]

ナルホド。
当院は1ですね。巻きつけるのではなく、負担がかからない程度にくるくるまとめて"かけて"ます。

充電はどうしてるんですか??
  1. 2012/01/25(水) |
  2. URL |
  3. さか吉 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する