FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

タバコを飲んだら胃洗浄するのか?

今日は、こちらのある救急専門医のブログkekimura.blog.so-net.ne.jp/2012-01-25から転載です。

タバコをお子さんが飲んでしまったと病院へ連れてこられることがよくあります。タバコに含まれるニコチンは怖い成分だからです。そしてタバコ1本でも致死量になることがあります。心配で連れてこられる訳です。

 後で述べますが、胃洗浄は必要ありません。たいてい患者さんは何ともないからです。経過観察で問題ありません。

 が、胃洗浄を行う事があります。必要だと思って行う先生がまだおられたら、必要ないことを知って頂ければ嬉しいです。必要でないことは知っているが、あ えて行う先生もいます(これについてはその先生の考え方なので自由です)。医療に限りませんが、これは危ないと知っているのにやるのは問題ありません。こ こは送りバントがセオリーなのに、ヒットエンドランをするのは監督や選手の自由であるのと同じです。

 何故必要のない胃洗浄を行うのかというと、、、、「懲罰的胃洗浄」と呼ばれている行為です。

 胃洗浄というのは、鼻や口から太いチューブを胃まで入れて、水で胃の中の物質を洗い流す処置で、チューブを入れることによる苦痛があります。当然お子さ んは泣きわめきます。暴れていやがる子も多いです。両親にはそれが当然聞こえますし、病院によっては子供を暴れないよう押さえつけるのを親にさせます。親 は後悔や精神的なトラウマを受けるでしょう。

 しかし、何故子供がたばこを飲んでしまったかと言えば、、、、、、親の責任です。子供が自分でたばこを買って飲むことはないでしょう(道路に落ちている のを拾ったりすることはあるかも知れませんが)。よって親の教育もかねて胃洗浄を行う事がよくありました。私も研修医の時にやりました。

現在はすべきでないと言われています。


スポンサーサイト



  1. 2012/01/27(金) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する