FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

胸骨圧迫の重要性

すたんどばいMEさんは、こっそり胸を触ってVfをつくりAEDを騙したらしい・・・・!?のですが、我々は、理論的にしっかり知っておく必要があります!
で、胸骨圧迫の重要性を強調しているAHA2010ガイドラインの理論を解説してくれている
victim305.blog.fc2.com/ 臨床工学技士blogより転載です



AHA2010ガイドラインでは成人、小児、及び乳児に対するBLSの手順をA⇒B⇒C(Airway⇒Breathing⇒Circulation)からC-A-B(Circulation⇒Airway⇒Breathing)に変更することを勧告しています

そして胸骨圧迫(Circulation)に関しても以下の様に変更されています
・胸骨圧迫のテンポは100回/min以上とする
・胸骨圧迫の深さは5センチ以上押すべきである

http://eccjapanheart.org/pdf/ECC_Guidelines_Highlights_2010JP.pdf

胸骨圧迫が重要視されていますね、なぜでしょうか?

http://www.youtube.com/watch?v=6KC8BCgaZ5I
この動画は心室細動が6min継続した状態の心臓です
心房は正常にリズムを刻んでいますが、右心室が張って、左心室が虚脱している様子が伺えます
CPRを全く実施せずにでDCをかけていますが、やはりレスポンスが悪く心室細動は継続しています

http://www.youtube.com/watch?v=DYKJ_g-xxDM
先程の心室細動が6min継続した状態の心臓です
今度はChest Compresstins(胸骨圧迫に相当)を3min実施してDCをかけています
明らかに右心室の張りが和らいでいます、無事に洞調律に復帰していますね

胸骨圧迫がいかに重要か、お分かり頂けるかと思います

スポンサーサイト



  1. 2012/02/14(火) |
  2. 救急・災害
  3. | コメント:1

コメント

とっぱちで名前が載ってるとびっくりするじゃないですかぁ…(^^;大変有用な情報をありがとうございます。医療職種として自覚を持つよう改めたいと存じますm(__)m
  1. 2012/02/15(水) |
  2. URL |
  3. すたんどばいME #6vKR9Hi2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する