FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

医療機器の教育

今日は、医療機器の研修・教育について考えてみたいと思います。
医療機器安全管理責任者になった皆様方は病院全体の研修を考えていかなければなりません。個人的には、特定機能病院が研修しなければならない、7種類の医療機器について年間1回研修をしていく予定です。研修とは、中々難しいものですが、コツが7月号のクリニカルエンジニアリングに渡辺先生が書かれているので抜粋してみたいと思います。

 「水を飲みたい馬は自分で水飲み場に行くが、水を飲みたくない馬は強制的に水飲み場に連れて行っても決して飲んでくれない」というように医療機器の勉学意欲をもってもらうというのは、看護師には工夫が必要である。工夫として動画を用いた説明や実際の医療機器を使用した教育というのがこれから必要であります。まさしくおっしゃるとおりであります。今後先進施設では、医療機器トレーニングセンターが設置されていくと考えるが、安全な医療の提供と医師や看護師の確保のためには必要不可欠なものとなってくるのではないか?と考えています。
スポンサーサイト



  1. 2007/08/03(金) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:1

コメント

医療監視

今年の内容を見たけど、医療機器安全管理体制の整備で上がってたねぇ~!?
その中の「保守点検の評価をしている」・・意味が解らん。自爆
保守点検のレベルの話か???
  1. 2007/08/03(金) |
  2. URL |
  3. taka様 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する