FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

経営改善に臨床工学技士がどういう風に取り組めばよいか?

兵臨工の学習会「ME機器管理の現状と未来」に参加してきました!
内容的に、大変よかったと思います。出来れば、未来(夢)のある話があれば・・・とも感じましたが!
今日は、まず経営学修士となった師匠の加トちゃんより・・・・それにしても加藤茶はうらやましい!カンケイナイジャロ*><*

テーマは、経営改善に臨床工学技士がどういう風に取り組めばよいか?という実践中のお話でした。

まず、個人的(含む臨床工学技士)に「病院は何も分かっていない!」って言われる人もいます。

でも、よく考えてみると、その言っている人もはたして「病院全体のことを知っているのでしょうか」

そもそも経営者とは、病院職員個人とは視点が違うわけです。
sitenn
つまり、考え方が違うわけで違って当たり前です!

では、なぜ経営者は部や科のことを分かってくれないんでしょう!

それは、「優先度が低いから」 「そもそも知られていない」ってからです。

病院上層部の立場で分析してみる!我々が出来ること考えてみる!そして提案してみる!このようなプロセスを経てはじめて経営者にとって考えてみる(意味のある)提案となるということを実践的にお話ししてくれました。1日中聞いていたい話でした!つづく・・・・
スポンサーサイト



  1. 2012/03/05(月) |
  2. 学会・勉強会
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する