FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

大地震では長周期地震動での共振が怖い

昨日は東日本大震災からちょうど1年でした。きっと日本中の人たちが手を合わせて亡くなった命のことを思いながらお祈りしたと思います。

と言うわけで、今日は、地震ネタです。
中央防災会議「東海地震に関する専門調査会」、「東南海、南海地震等に関する専門調査会」、「首都直下地震対策専門調査会」、「日本海溝・千島海溝周辺海 溝型地震に関する専門調査会」では、防災対策の検討のため、震度分布の推計等を行ってきました。今般、この一連の調査結果を整理したことにより、「表層地盤のゆれやすさ全国マップ」(PDF:61KB)が、公表されています。www.bousai.go.jp/oshirase/h17/yureyasusa/

揺れやすさmap

これをみますと、関東平野は大変揺れやすいことがわかります。

また、建物には「振動の固有周期」という、その物体が最も揺れやすい周期があります。
www.jamstec.go.jp/esc/esnews/index.html
下の固有周期一覧を見ると、超高層建物(60m以上)は周期2~6秒で、長周期地震動に周期が近いので共振してしまうのです。
<固有周期一覧>
建造物 時間 (秒)
木造家屋 0.1 ~ 0.3
中低層建物 0.2 ~ 1
高層建物 ~ 2
超高層建物 2~6
大型石油タンク ~15
長大橋 ~25

長周期地震動に共振を起こすとどうなるのでしょうか。それを教えてくれたのが、十勝沖地震でした。2003年の十勝沖地震(M8.0) では、震源地 から約250km離れた苫小牧は、堆積層のやわらかい平野で、周期7秒の長周期地震動が発生しました。沿岸の石油タンク群がこれに共振し、数分間、揺れ続 けたためタンクの蓋が破損し大火災となりました。当初は、石油会社の管理責任が問われましたが、後の調査で長周期地震動のもたらした被害であると判明しま した。
また、大阪の南港にある花咲庁舎でも地盤がやわらかく、高層ビルですので今回の震災で相当揺れたようです。


スポンサーサイト



  1. 2012/03/12(月) |
  2. 救急・災害
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する