FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

岡山のGTを見に行きます!

 私は基本的に自動車好きです(昔は男子たるものかっこよい自動車に乗るべきだって人も多かった)

いまでもF1はビデオに撮ってみていますが・・・・・・あれ??フジテレビでやっていない???

調べてみると、BS放送になったようである。第1戦は見逃したものの第2戦はビデオに撮れました。BSになったメリットもあるようで放送自体もざっくばらんな感じで好感がもてます。


で、たまにはレース観戦もよいものだと思い立ち、早速調べてみる。

すぐにビトちゃんを誘い、ローソンに駆け込んで前売りチケットをgetしました!

盛り上がるGT300クラス
 GT500クラス以上の盛り上がり、注目を見せているのが、今年のGT300クラスだ。なんと言っても欧州の強豪GTマシンが多数参加する。
 まずは名門中の名門、メルセデス・ベンツのSLS AMG GT3。No.52 GREEN TEC & LEON SLS(竹内浩典/黒澤治樹)はベンツのレーシングカーのアイデンティティを感じさせるシルバーをメインとした“シルバーアロー”のカラーリングで参戦。また、GT500の2001年チャンピオン竹内の復帰も楽しみだ。そして、大挙4台が参戦するのが、Audi R8-LMSだ。昨年惜しくもチャンピオンを逃したGAINERがフェラーリからマシンチェンジして、最新のR8 LMS Ultraを入手。No.11 GAINER DIXCEL R8 LMS(田中哲也/平中克幸)として、大きな決意を持って挑む。この他、No.20 Racerbook Audi R8 LMS(マイケル・キム/野田英樹)にはF1経験を持ちGT500でも活躍、2年前に引退した野田が復帰。  

 この他、No.5 マッハGoGoGo車検Ferrari458(玉中哲二/植田正幸)も昨年の11号車フェラーリ458とは違うFIA GT3のニューマシン。JLOCのNo.87(山西康司/山内英輝)、No.88(織戸学/青木孝行)ガイヤルドもGT3の新型となる。
 さらに国産マシンも新型が。ホットな話題となっている今春発売のSUBARU BRZをベースにしたNo.61 SUBARU BRZ R&D SPORT(山野哲也/佐々木孝太)は、非常に期待の高い1台だ。さらに国産初のFIA GT3車となるNo.3 S Road NDDP GT-R(関口雄飛/千代勝正)も初年度からタイトル争いに絡みそうな予感が。しかも、長谷見昌弘監督のGT復帰も嬉しい話題だ。
 もちろん、昨年のチャンピオンチーム、GT300のチャンピオンゼッケンNo.0を掲げるGSR 初音ミク BMW(谷口信輝/片岡龍也)も連覇に向けて、最新のZ4を導入し、元GT300チャンピオンの片岡を迎えるなど体勢を強化している。昨年、この岡山で歓喜の初優勝を手にしたNo.66 triple a Vantage GT2(吉本大樹/星野一樹)も、ゲンの良いこのコースで再びの勝利が欲しいところ。ちなみに、同チームも第2戦を目処に新たなアストン・マーティンを導入するという。
 さらにこの一戦の注目は、世界ナンバーワンのハイブリッドカー、プリウスのGTマシンNo.31 apr HASEPRO PRIUS GT(新田守男/嵯峨宏紀)がデビューすること。まさに歴史的なレースとなるかもしれない。

  

 

 この見どころがありすぎる2012年開幕戦岡山。ぜひサーキットで、残念ながら行けない方々はテレビ中継、インターネットのレポートで存分に楽しんでほしい。

スポンサーサイト



  1. 2012/03/29(木) |
  2. カート・バギー
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する