FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

技士会の総会

 昨日は、技士会の総会がありました。
ご参加くださいました皆様、お疲れさまでした。

さて、メインの各世代から物申す!の前に・・・・・参加人数に物申したい!です。
総会参加60名、会員数約500名、県内推定有資格者1000名です。実質会員の10%の参加です。これは、何とも寂しいものです。まず、この参加率が問題です。あと、職能団体ってことを考えると、組織率も問題ですが・・・・

まあ、今回参加してくださった方々は、自分の職種・将来を考えての参加なんで問題ありませんが参加していない人をどのように参加してもらうかがキーポイントです。最近は、職場旅行、いや忘年会すら行っていない施設も多数あるので、参加率の向上はなかなか根の深い問題です。かくいう私どもの施設も5名ですが、全員参加は難しいですから・・・・(残念!切腹!
 
 「今どきの若いものは」とは、言い尽くされたセリフですが、縦社会の構図が昔とは変化している時代ですので、少し世代によってミュアンスが変わってきているとは思いますが、
 誰も教えてもらう人のいなかった、おっさん世代から見ると、若者世代は与えられすぎとも映りますし、若者世代からみると「出来の悪い上司」としか映らない人も多数いることも確かです。

 思い起こしてみると、私が1人目の技士として入職したときはつらかったです!用度課所属で手術室派遣、で、キツ~~イ手術室師長、絶対にしないといけない臨床提供もなく暇を持て余し、しいていうなら医師から師長が怒られる代役って感じでした。
 ですので、私は、情報の乏しかったツライ時代を身に染みて感じているから、ブログを通じて情報発信し、情報収集もしている訳です。技士会に関わりだしてから、相談できる人も多くできましたし、絆も深めることが出来ました。(この辺が奈良の可愛い娘さんが技士会のよかったこととして挙げられていることと一致します)
 そして、提供できる医療もよりベターのものへと進化させているつもりです。技士会に入らない人は、よりよい医療提供のための情報収集をどのように考えているのか聞いてみたいものです。

ちょっとグチっぽくなりましたが、
ともかく、こういう企画が出来る我が兵庫県の技士に未来は開けていると思います。


スポンサーサイト



  1. 2012/06/04(月) |
  2. 技士会
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する