FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

インスピロンは誤解が多い?

 今日は、酸素療法の勉強会があります。
インスピロンについては、誤解が多く、払拭するのに一苦労です!
で、よく思い込んでるパターンが・・・・・・

酸素マスクで酸素が足りないなら、インスピロンだ!だって、目盛に100%ってあるもの・・・・・確かに、目盛は信じたくなりますよね!

で、ここでおさらいです。

患者さんの呼吸条件が 1回換気量、500ml 呼吸回数、20回 吸気呼気比、1:2  とすると

呼吸サイクルは?

60秒 ÷ 20回 =3秒間   吸気時間1秒、呼気時間2秒

つまり、1秒間かけて500ml (30L/分)を吸入しています=患者さんの必要な量

インスピロンからは

正しい流量設定すると ベンチュリー効果より、

常に 30L/  酸素ガスが供給されています=高流量

IMG_0013.jpg

正しい流量設定っていうのがポイントです!
つまり、図の吸い込み口からの空気 と 酸素流量計の流量 をミックスして30L/分にしています。
たまに、流量5L100%なんかで設定されていますけど、患者の吸えるのは、確かに100%ですが、量は5Lです。残り25Lは、周りの空気を吸うことになり、低流量システムになってしまうんですね・・・・
innsu.jpg  
で、トータル
30L/分になる主な組み合わせは、丸印となるわけで、
インスピロンでは、50%以上の酸素投与は、無理なわけです。

最近は、できる器具も発売されていますが、酸素の無駄つかいの気がしてなりません・・・・








スポンサーサイト



  1. 2012/06/19(火) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:3

コメント

何年も前の記事に突然コメントしてすいません。
冒頭で導き出した、患者に必要な酸素流量のことなのですが、一分間の吸気呼気比が1:2ならば、一分間の吸気時間は20秒となるため、患者に必要な酸素投与量は10L/minということになりませんか?
そのあたりは無視して考えて大丈夫なのでしょうか?
可能であればご教授願いたいです。
  1. 2015/04/05(日) |
  2. URL |
  3. 新人看護師 #-
  4. [ 編集]

>患者に必要な酸素投与量は10L/minということになりませんか?

→確かに患者に必要なのは10L/min、ですが、装置で吸気時だけに酸素を送るのは不可能なので、呼気時にもながしているため、30L/minとなります。
  1. 2015/04/06(月) |
  2. URL |
  3. ともにゃん #-
  4. [ 編集]

そういう理由なんですね。
ありがとうございました(^^)
  1. 2015/04/16(木) |
  2. URL |
  3. 新人看護師 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する