FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

「座右の銘」は

皆さんは「座右の銘」を持っていますか?
自分が生きる上で常に傍らにおいて「信条」とするもの、自分が目指す「理想」だったり、さらには過ちを犯さないよ うに「戒め」とする言葉。「座右の銘」と言ってしまうとちょっと仰々しいですが、人生も半ばを超えましたので、持っておきたいものです。で、世間の動向をちょっと調べてみました。

全体の2人に1人が「座右の銘を持っている」と回答
人生経験豊富なシニア層ほど「座右の銘」を大事にする傾向

「座右の銘」を持っている?

まず、自分の「座右の銘」を持っているという人はどの位いるのでしょうか。「『なんくるないさ』 これは沖縄県のなまりで、関東では『なんとかなる さ』という意味。何事も深く考えすぎるクセがあるので、そんなときはこの言葉で自分を楽にさせている」(女性30代)、「『やまぬ雨はない』 そのうちいい陽も射すから今は我慢…」(女性50代)など、「(座右の銘を)持っている」(56.1%)という声は全体の半数以上を数え、大変多くの人び とが生きる上で「大切にしている言葉」を持っていることが明らかとなりました。


世代別ではいかがでしょうか。「(座右の銘を)持っている」という声は20代で56.3%、30代で55.3%、40代で52.7%と年齢とともに 減少。ところが50代では56.8%に一転して急増、さらに60代ではピークの68.7%に達し、人生経験が豊富なシニア層ほど「座右の銘」を大事にして いることがうかがえます。中には「『半年うまく過ごせば次の治療ができる』 大腸がんをしてから約8年、2月に8回目の転移で肝臓の手術をした。その間、治療薬が増え治療法も患者に優しくなってきたが、ガンはなかなか手強い。でも 半年経てば次の治療法も・・・と、ガン友と共に励まし生ある限り生きぬくつもり」(女性60代)など、年齢と共に「体力」も「知力」も「気力」も次第に衰 えていく中で、「座右の銘」を心の支えに現在を一生懸命に生きているシニアもいました。

で、私の「座右の銘」は・・・・・

 ちゃら~~と、元気に

にしたいと思います!?えっ「座右の銘」っぽくないって・・・・・・・・いいんです!元来、楽天家で、行動派なんで戒めも込めて慎重にって言葉も入れるべきなんですが、努力とか慎重に行動するってのは、信条的にやはり似合わないので、自分の生き方を表す総称として、「ちゃら~~と」、すぐに何でもやちゃう!って感じでしょうか?あと、健康が一番ですので・・・・


スポンサーサイト



  1. 2012/07/19(木) |
  2. 人材育成
  3. | コメント:1

コメント

私は1.5と1.5です。
あっ、左右の目、ちがうか…
  1. 2012/07/19(木) |
  2. URL |
  3. OSSAN #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する