FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

医療機器産業について

 昨日は、休みを頂いて加トさん、まさやんと神戸にある中小企業の見学に行ってきました。
なぜか?と言いますと、神戸市は、医療産業都市ということで医療に特化した町作りを推進しています。我々臨床工学技士会は、医療機器の専門家として、病院と企業さんの間に入って医療機器の開発等、今後、何かお役にたてることはないのか?という模索をしています。今後、臨床工学技士会が公益事業として、やっていくためにはこういう事業も重要ではないか?と感じております。

日本の医療機器産業についてお勉強です「医療機器メーカーの成長戦略より」

 市場規模 2兆5千億円 50万種類以上といわれている

売上500億円以上 11社
100億~500億   52社
1億~100億     456社
  と中小企業が多く、スケールメリットが働きにくい業界

国内系 510社、外資系 100社  従業員は約10万人で半分が営業

国内系 売上原価 73% 管理費 21% 利益率 6%
外資系 売上原価 60% 管理費 32% 利益率 8% のようです(医薬品医療機器産業実態調査 07年度より)

産業構造の特殊性から、中小企業が1分野でのトップを取れる可能性もある!

スポンサーサイト



  1. 2012/07/24(火) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する