FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

MCLSコースを受講してきました

昨日、日本集団災害医学会主催の「多数傷病者への医療対応標準化トレーニングコース(MCLS)を受講してきました。


MCLSの目的は、消防職員・警察職員などが、災害現場で実施するべき医療について理解を深めることです。災害現場での共通認識をもち、より連携を深めることです。
災害現場医療に興味のある医療従事者(医師・看護師・コメディカル・病院事務官など)に、トレーニングの機会を提供します。

 DMATに属する臨床工学技士は、医療と消防の間を取り持つ?っていうか一番近い存在のような気がしますので、DMATの方は受講することをお勧めします。事実、臨床工学技士の西島君や柴田さんがインストしています。
 で、 いくつか勉強になったことを記録しておきます。

・DMATの最近の流れとして、がれきの下の医療からできるだけ多くの人を助けるための活動から、医療機関にスムーズに搬送するために組織的に活動することにシフトしていること

・生体でのトリアージは、難しいがやっておくべきであること(特に呼吸のカウントが難しい)

スポンサーサイト



  1. 2012/07/30(月) |
  2. 救急・災害
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する