FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

体質改善にチャレンジ

 知り合いの人で2か月で25kg痩せた人がいました。しばらく見ないうちに全く別人のようにスマートになっていました。それまで色々ダイエットをしたが全て成功しなかった・・・・その彼がダイエットの方法論を教えてくれました。

私、本気で2か月間の体質改善にチャレンジしたいと思います。改善できた暁には、皆様にも詳しくご紹介したいと思います。

開始時の状況   体重 71kg ウエスト 88cm です

 
以下は、教えていただいた要約

太る、痩せる、というのは、エネルギー収支で決まります。
・摂取エネルギー<消費エネルギー:痩せる
・摂取エネルギー=消費エネルギー:現状維持
・摂取エネルギー>消費エネルギー:太る

当たり前ですよね~?

じゃあ、よくやるダイエット、つまり、摂取エネルギーを減らすと、どうなるでしょう?

エネルギーが減ると低血糖になります。低血糖状態が続くと基礎代謝が低下します。そして、数日続けると、ホメオスタシス(体のバランスを保つ)が働きます。ホメオスタシスは、一度発動されるとなかなか解除されず、少なくとも1ヶ月は続きます。いわゆる停滞期です。ここで沢山食べればリバウンドです。

 

では、どうすれば無理なく痩せ、継続することが出来るのでしょう!?

それは、糖新生を利用するのです。糖新生とは他の物質から糖質を作り出す体が持っている基本的な大事な機能です。戦前までの人々は、砂糖を年間1kg程度しか摂取していませんでした。ところが、現代人は、知らず知らずのうちに年間20kg以上の砂糖を摂取しているようです。1例では、500mlのスポーツドリンクに砂糖50g入っています。コーヒーに付いてくる砂糖1本が3gですので、16本以上摂取することになるんです!オソロシ~~!

肝臓は血中に漂っているアミノ酸を材料にしてグルコースを合成します。このとき脂肪酸のエネルギーも利用されます。血糖値が下がればグルカゴンの作用により、中性脂肪がどんどん分解されます。

血糖値が低いということは、肝グリコーゲンの貯蓄量が少ないことを意味します。ですので、体は、残り少ない肝グリコーゲンの消費量を抑えるために、変わり にアミノ酸を材料に糖質を作ろうと努力します。 

要は、糖質の摂取を減らして糖新生により糖質を体内で産生する体質への改善を2か月間(ホメオスタシスが安定するまで)する体質改善ダイエットです。体質改善後は、基礎代謝が上がり、リバウンドもしないんですね!これは、テレビ等でも有名な吉川メソッドの食事だけのバージョンに近いものです。

9784797365528.jpg
早速、レシピ本も購入!

スポンサーサイト



  1. 2012/08/07(火) |
  2. ダイエット(逆含む)
  3. | コメント:2

コメント

体重を減らすことって自分の意識が大切です。

体重を頻回に測定しましょう。
食べた後、排泄した後、寝る前、起きてから…
接種した量と排泄した量、寝てる間の代謝量等、こまめに数字で知る事が大事ですよ。。。

私も1か月で13Kg減らした経験があります。
  1. 2012/08/07(火) |
  2. URL |
  3. OSSAN #XDvU40OM
  4. [ 編集]

一年半かかって13kg落ちました。
食事制限を最初やってみましたが、二か月もすると食べたいんですよね。結局普通にしたら戻りました。
富士登山から始めたジョグによる筋肉量の増加→基礎代謝の増加→食べても太らない
絶対に有酸素運動が伴わないとリバウンドするような気がしますよ。
ダイエット中の夕飯の糖質を抑えるのはいいとは思いますが
  1. 2012/08/10(金) |
  2. URL |
  3. Avereage CE #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する